Pocket

比較的経営規模の大きい海外FX業者は「PAMM口座」というサービスを運営している業者があります。あまり、海外FXではメジャーではないトレード方法ですが、今回はこの「PAMM口座」に実際に100万円をとうししてみて、その後の運用状況をレポートさせていただきます。

そもそも、PAMM口座って何?

PAMM口座とは

PAMM口座(パム口座)は、英語では「Percentage Allocation Management Module」の略称です。

投資のプロ(例、ファンドマネージャー、マネーマネージャー、プロトレーダー等)が代わりに投資家の資産をFXトレードで運用してくれる口座のこと

を言います。

FXトレードをプロにお任せできるサービス

と言えます。

海外FXのMAM/PAMM口座(マネージドアカウント)とは?

その代わり、運用してくれた方には「利益の30%」という報酬を支払う仕組みとなっています。

一見、投資信託やファンドのようなサービスと思ってしまいますが・・・

大きな違いは

利益の30%が報酬 → 利益がなければ無報酬になる

という点です。

投資信託というのは、利益が出ても、出なくても、一定の手数料が発生してしまうのです。

「どちらの運用者の方が真剣に運用してくれるのか?」という点で、PAMM口座(パム口座)の運用者の方が何倍も信用できるといっていいでしょう。

PAMM口座の運用者は誰なの?どう見つけるの?

PAMM口座には

  1. PAMM口座事態を海外FX業者が運用するスタイル
  2. 海外FX業者がマネーマネージャーを連れてきて、そのマネーマネージャーが運用するスタイル

の2パターンがあります。

PAMM口座事態を海外FX業者が運用するスタイル

メリット

  • 運用手数料「利益の30%」が必要ない

デメリット

  • 投資家が運用成績などで運用者を選べない

海外FX業者がマネーマネージャーを連れてきて、そのマネーマネージャーが運用するスタイル

メリット

  • 多くのマネーマネージャーの中から、運用成績で成績の良い方を選べる

デメリット

  • 運用手数料「利益の30%」が発生する

という違いがあります。

今回は、前者の「PAMM口座事態を海外FX業者が運用するスタイル」を採用している

IronFXのPAMM口座

を選びました。

IronFXのPAMM口座を選んだ理由とは?

  • 日本人スタッフが在籍していること
  • 日本人スタッフから運用方法のことを聞いていたこと
  • 運用手数料(利益の30%)が発生しないこと
  • 年間の目標利回りは20%

でIronFXのPAMM口座を選択しました。

無理ない利回り設定で、日本人スタッフが在籍し、実際にお会いして打合せしているので、テストという意味合いでは、はじめやすかったと言えます。

「なぜ、運用手数料なしでPAMM口座が開設できるの?」

海外FX業者自体が、運用者になる場合は「スプレッド+取引手数料」である程度収益が見込めるからです。運用手数料を徴収しなくても、取引量が増えることで「スプレッド+取引手数料」の収益が増えるのです。

その代わり、運用に必要な最低入金額が高めに設定されています。

  • IronFXのPAMM口座の最低入金額:100万円

でした。

「海外FX業者の人って、運用できるの?」

ご存じないかもしれませんが、日本のFX業者も、「自社運用部門」があり、社内の部署ではFXトレードをして資産を増やす部署があるのです。

IronFXも、世界展開している規模の大きな海外FX業者ですので、当然「自社運用部門」があり、トレード手法は、プロのトレーダーに引けを取らないものとなっています。

「どうやって運用しているのか?トレード履歴ってわかるの?」

プロが運用する口座にはMAM口座、PAMM口座という2種類がありますが

  • MAM口座 → 取引履歴がわかる
  • PAMM口座 → 取引履歴がわからない

ものとなっています。

運用者にしてみると、取引履歴というのは、自分のノウハウですので、開示しないPAMM口座の方が優秀な運用者が集まりやすいのです。

今回利用したのは「PAMM口座」ですので、取引履歴はわからない設定になっています。

IronFXのPAMM口座運用レポート

日付口座残高増減経過期間年利回り
2019年3月8日1,000,00000日0
2019年3月13日1,078,86278,8625日575.7%
2019年3月16日1,093,86793,8678日397.0%

2019年3月7日:三菱UFJ銀行からIronFXへ100万円入金

2019年3月8日:運用開始

2019年3月13日:資産残高1,078,862円

+78,862円
経過期間:5日
年利換算:575.7%

2019年3月13日:資産残高1,093,867円

+93,867円
経過期間:8日
年利換算:397.0%

IronFXのPAMM口座運用考察

出だしは順調という形です。ただし、このペースで残高が増えることは考えにくいので徐々に年間利回りも、20%程度に落ち着いていくでしょう。

口座残高で推移がチェックできない点が不便ですね。

IronFXのPAMM口座開設方法

IronFXパム口座開設マニュアル

ステップ1.IronFXのPAMM口座(パム口座)開設サイトへ行く

下記のリンクから、IronFXのPAMM口座(パム口座)開設ページに行きます。

IronFXのPAMM口座(パム口座)開設

ステップ2.必要情報を入力する

口座開設に必要な情報を入力します。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 国名
  • 携帯電話
  • 口座タイプ
  • 通貨
  • レバレッジ
  • パスワード
  • 同意

  • 国名:日本
  • 口座タイプ:パム口座
  • 通貨:日本円

と設定します。

ステップ3.マイページへログインする

登録したメールアドレスとパスワードでマイページへログインします。

ステップ4.必要書類のアップロード

海外FXの口座開設と同じように必要書類のアップロードを行います。

必要書類

身分証明書

運転免許証・パスポート・写真付き住民台帳のいずれか1点。表面と裏面それぞれを撮影し、表裏 2 点添付して下さい。

住所証明書

住民票、クレジットカード、携帯電話のご利用明細書、公共料金の明細書(発行日より 6カ月以内の発行で住所の記載がされているもの)

ステップ5.電子署名

IronFXは、パム口座の契約に「電子署名」を採用しています。マニュアルを見ながら、「電子署名」を行います。

IronFX電子署名マニュアル

ステップ6.入金する

パム口座が開設できたら、入金します。

  • デビットカード
  • クレジットカード
  • 海外送金
  • 国内入金
  • ビットコイン入金
    ・・・

などの方法が選べます。

今回は、Domestic Bank(国内銀行)を選択し、三菱UFJ銀行から、振込手数料324円を負担して入金しました。

ステップ7.口座残高をチェックする

後は、運用されるだけなので、口座残高の増減を定期的にチェックします。

Pocket