money2128_128

海外FXには「ボーナス」という国内FXでは聞きなれないものがあります。しかし、海外FXを使いこなすためには「ボーナス」も上手に活用する必要があるのです。ここでは海外FXのボーナスについて解説します。

海外FXのボーナスとは

ボーナスというのは、入金した金額以上に証拠金が増えることを意味します。

例えば、初回入金ボーナス50%という海外FX業者の場合

  • 1万円の入金 → 10,000円 + 5,000円分のボーナス → 証拠金 15,000円
  • 5万円の入金 → 50,000円 + 25,000円分のボーナス → 証拠金 75,000円
  • 1万円の入金 → 100,000円 + 50,000円分のボーナス → 証拠金 150,000円

ということになります。

入金した金額以上に証拠金が増えるのですから、ずいぶんとお得な気がします。

とくに勘の良い人であれば

「じゃあ、入金してそのままトレードせずに出金してしまえば、儲かるんじゃないの?」

と思ってしまいますが、そこまでは甘くありません。

海外FXのボーナスには出金のルールがあるのです。

タイプ1.ボーナス分は証拠金として使えるだけで出金できない

ボーナス分はあくまでもボーナスであって出金はできないという設定の海外FX業者があります。
ボーナス分は証拠金ですので、ボーナス分の証拠金で儲けた金額は出金できるのです。

例えば

初回入金ボーナス50%で、10万円入金すればボーナスの5万円分と合わせて15万円分の証拠金になります。

仮にトレードをして10万円分損をしてしまったとします。

通常ではあれば、ここでゲームオーバーなのですが、まだ5万円分のボーナスがあることになります。この5万円分でトレードをすることで、資金が8万円に戻ったとします。そうするとボーナス分の証拠金で得た3万円分は出金することができ、5万円分のボーナス分でトレードを続けることができるのです。

通常であれば、ゲームオーバーになっていた段階から巻き返しができるので、ボーナスはトレードの勝率を引き上げてくれるのです。

入金した実際の金額がある間はボーナス分は利用できないため、入金額がなくなったらボーナスが発動されることになります。

XM(エックスエム)などがこの方式です。

タイプ2.ボーナス分は一定の取引量をクリアすると出金できる

ボーナス分も出金できるけれども、一定回数以上の取引をクリアしないと出金できない条件付のボーナスです。

例えば

「ボーナス額(米ドル)÷5」に当たるロット数のお取引を頂くことを条件

という海外FX業者の場合、100ドルのボーナスがあったとすると、100÷5なので20、つまり20ロット(200万通貨取引)の取引後にボーナス分の金額も出金できるということになります。

こちらは実際に取引回数だけクリアすれば出金が可能なので、前述のボーナスよりも価値の高いボーナスと言えます。

しかし、後者を採用している海外FX業者は少なく、ボーナス額も前者よりは少なくなってしまうのです。

LAND-FXなどがこの方式です。

海外FXのボーナスの種類

海外FXのボーナスには色々な種類があります。多くはどの時点でボーナスが発生するかによって異なります。

口座開設ボーナス

新規の口座開設時にボーナスが付与されるものです。入金と紐づいていないため、単純に口座開設で20ドルプレゼントというような金額のボーナスになるケースが多いです。

初回取引ボーナス

新規の口座開設+初回取引でボーナスが付与されるものです。金と紐づいていないため、単純に口座開設で20ドルプレゼントというような金額のボーナスになるケースが多いです。

初回入金ボーナス

初回入金額に応じて発生するボーナスです。新規顧客獲得のためにボーナスを活用する海外FX業者が多いので、初回入金ボーナスは手厚いケースが多いです。

追加入金ボーナス

2回目以降の追加入金時に発生するボーナスです。初回入金ボーナスより割合が小さいことが多くなっています。

証拠金ボーナス

使用していない証拠金に対して金利(利息)が発生するボーナスです。採用している海外FX業者はあまりありません。

海外FX業者にボーナスがあって、国内FX業者にボーナスがない理由

なぜ、海外FX業者はボーナスという利用者にとってお得なサービスを提供しているのでしょうか?

これは海外FX業者と国内FX業者の取引方法の違いに理由があります。

海外FXのメリット徹底解説でも解説していますが

国内FX業者は呑み行為を行っているため、トレーダーが負けてもらえるとFX業者が儲かる仕組みです。FX業者が博打の胴元のような役割をしているのです。

海外FX業者はトレーダーの注文通りに為替取引をする完全な仲介者なので、仲介手数料としてのスプレッドが収入になります。つまり、トレーダーに取引量を増やしてもらうことが海外FX業者自身の儲けにもつながるのです。

トレーダーに取引量を増やしてもらうためには、勝率を上げてもらうのが近道です。

そのため、勝つチャンスを増やしてくれるボーナスを海外FX業者は用意しているのです。

海外FXのボーナスの活用法

小分けにした方がボーナスは使いやすい

例えば、10万円で5万円分のボーナスが発生する海外FX業者でボーナスは出金できないタイプだとします。

ここでボーナスが活用できるのは10万円の損失を被ったときだけです。なかなかボーナスが使える状況にはならないはずです。

だとしたら、極端な例ですが

2万円ずつ小分けに入金して1万円分のボーナスがそのたびに発生するようにしておけば

2万円の損失を被った段階でボーナスが発動するので、ボーナスの出番が増える可能性が高いのです。

海外FXのボーナス利用時の注意点

出金条件型のボーナスは小細工をしても意味がない

さらに勘のするどい方は「条件付きに出金可能なボーナスで、両建て取引で損をしないように運用すれば儲かるのではないの?」と思ってしまうかもしれませんが・・・そうはならないように設計されています。

出金条件付きのボーナスは、最低でもその取引量で発生するスプレッドとイコールになっているのです。

両建て取引でプラスマイナスゼロで出金条件をクリアできたとしても、そのときに出金できるボーナス額は、両建て取引で使うスプレッドと同額以下になってしまうということです。

意味がありません。

出金条件付のボーナスの場合は、普通にトレードして取引量をクリアする方が良いのです。

ボーナスはあくまでもおまけであることを知る

海外FXのボーナスは確かに魅力的なものですが、トレードを続けるのであれば、スプレッドや約定力の方が重要なのは言うまでもありません。

スプレッドが0.5pipsでも差があれば、ボーナスがあったとしてもすぐにボーナス分の手数料の差がでてしまいます。

あくまでも、ボーナスはあったらラッキーぐらいに考えて、スプレッドや約定力、サービスの質などで海外FX業者を比較することをおすすめします。