menber128_128

海外FXのメリットにはどのようなものがあるでしょうか?特に国内FX業者と比較しての海外FXのメリットについて解説します。

1.海外FXはレバレッジ規制の対象外

2011年に導入されたレバレッジ規制という法律があります。

レバレッジ規制では、個人がFXトレードをする時の最大レバレッジは25倍と定められているのです。

当然、これは金商法という日本の法律で規定されているものなので、国内FX業者に適用されるもので、海外に本社がある海外FX業者には関係ないのです。(日本での宣伝活動などは海外FX業者もできません。)

  • 国内FX業者:最大レバレッジ25倍
  • 海外FX業者:最大レバレッジ1000倍

となっています。レバレッジ規制が導入されたときも、レバレッジが高いと言うことは投機性が高まるという個人投資家の保護のためという名目ですすめられたのですが

1000万円分の取引をするために必要な証拠金で考えてみると

  • 国内FX業者:最低40万円
  • 海外FX業者:最低1万円

になります。国内FX業者では証拠金を多く用意しなければ、ある程度の規模のトレードができないということになってしまっているのです。レバレッジ規制は個人投資家の保護ではなく、個人投資家の締め出しになってしまっているのです。

レバレッジ規制の対象外で、少額な証拠金でも大きなトレードができることが海外FXの大きなメリットなのです。

2.海外FXの透明性の高さはブラックボックスの国内FX業者よりも良い!?

当サイトでも何度も解説しておりますが

国内FX業者と海外FX業者ではその取引方法に大きな違いがあるのです。

  • 国内FX業者:店頭取引(OTC取引)
  • 海外FX業者:電子取引所取引(ECN取引)

です。

  • 店頭取引(OTC取引):トレーダーの注文通りに通貨の売買しない
  • 電子取引所取引(ECN取引):トレーダーの注文通りに通貨の売買をする

違いがあるのです。

店頭取引(OTC取引)を採用している国内FX業者の場合は、トレーダーの注文通りに通貨の売買をしない(トレーダーの注文を呑む)ため、トレーダーが負ければ国内FX業者が胴元として儲かる、トレーダーが儲けてしまうと国内FX業者が払い戻しをしなければならないため損をするという利益が相反する構造になってしまっているのです。

そのため

  • レートずらし
  • ストップ狩り
  • 故意のスリッページ
  • 故意のシステムダウン
  • ・・・

とトレーダーを負けさせるための行為が独自プラットフォームというブラックボックスの中でおこなわれている可能性が高いのが国内FX業者なのです。

海外FX業者の場合は、トレーダーの注文通りに通貨の売買をして、その仲介手数料だけを利益とする仕組みです。

そのため、トレーダーに儲けてもらって、取引量が増えることが海外FX業者の利益が増えることにつながるのです。そのサポートに力を入れてくれるというのが大きなメリットと言えます。

  • 国内FX業者:トレーダーが負けると儲かる
  • 海外FX業者:トレーダーが勝って取引量が増えると儲かる

 

  • 国内FX業者:独自システムのブラックボックスの中での負けさせる行為をされている可能性大きい
  • 海外FX業者:MT4という世界標準のプラットフォームをどの業者も採用。透明性が高い

海外FXをする一番のメリットはここにあると言っても良いでしょう。

トレーダーに勝ってもらうために色々なサービスを海外FX業者は提供しているのです。国内FX業者は勝ってもらうためのサービスではなく、口座開設して負けてもらうための仕掛けを用意しているのです。

3.海外FXにはボーナスがある

海外FXはトレーダーに取引量を増やしてもらうことが自社の利益につながるのです。

その一環として「ボーナス」というものを多くの海外FX業者が採用しています。

「ボーナス」というのは、入金したお金以上に証拠金が増える特典です。

初回入金50%ボーナスの海外FX業者であれば

  • 10万円入金 → 証拠金は15万円
  • 20万円入金 → 証拠金は30万円

となるのです。

ボーナスで増えた証拠金分はそのまま出金することはできませんが、証拠金としてトレードして儲けた分は出金することが可能です。

  • 10万円入金 → 証拠金は15万円

で10万円負けてしまった場合には、国内FX業者であればそこで証拠金ゼロで取引ができなくなりますが、海外FX業者の場合はまだ5万円分の証拠金があるので取り返せる可能性があるのです。

4.海外FXにはコンテストがある

ボーナスと同じようにトレーダーに取引量を増やしてもらうために海外FXではコンテストというのも頻繁に行われています。

コンテストというのは、参加してコンテスト期間に自己資金を何倍にできたかの倍率で競うもので、優勝賞金は実際に行われたものの一番大きいもので1位1500万円ほどの賞金がでるものもあるのです。このときのコンテスト参加料は無料です。

トレード以外の収入も期待できるメリットが海外FXにはあるのです。

5.海外FXは約定力が高い。リクオートがない

海外FXというのは、ECN・STP方式を採用しています。

ECN(電子取引所取引)の場合は、買い手と売り手がいる市場の中でFXトレードをするのです。日本では、株式投資をイメージしてもらえれば良いです。

つまり、約定拒否(リクオート)・スリッページというのは概念としてないのです。(STP方法の場合はスリッページはあります。)

また、多くの海外FX業者がスリッページが発生するSTP方式の場合でも、約定スピードや約定力の実績数値を公開しているため、高い約定力を持っている海外FX業者が多いのです。

国内FX業者のようにいくら見た目のスプレッドが狭くても、スリッページ幅が大きければトレーダーには何のメリットもありません。

取引経験の豊富なトレーダーの方がこぞって海外FXに軸足を移しているのは、約定力の高さと透明性が大きな理由となっています。

6.海外FXには追証がない

国内FX業者の場合には、証拠金以上に損失をだした場合に追加で損失を請求される「追証」というものがあります。

急激な為替変動があった場合に、国内FX業者が注文を処理しきれないと損をしてしまうため、トレーダーに損失を転嫁しているのです。

一方、海外FX業者の場合には「追証ゼロサービス」として、追証がないのです。

実際に2015年のスイスフランの急騰の際も、口座がマイナス残高になってしまっても、ゼロにリセットしてくれるのです。

リスクが証拠金の範囲に限定されるというのは、大きなメリットであり、どんなにレバレッジが高くても、証拠金以上には損しないからこそ、個人投資家でも、初心者の方でも、安心してトレードをすることができるのです。

7.海外FXは取引をはじめるハードルも低い

国内FX業者の場合は最低取引量が1枚(1万通貨)で設定されていることが多いです。最近では、ミニマムプランとして1000通貨からの取引ができるところも増えています。

海外FX業者場の場合は、基本単位は1ロット(10万通貨)なのです。

「じゃあ、海外FX業者の方が高額なトレードになってしまうのでは?」

と勘違いされる方も多いのですが

海外FX業者が使っているMT4は0.01ロットからのトレードが可能です。つまり、基本が1000通貨からなのです。

海外FX業者によっては、10通貨からの取引が可能なところもあります。

また、初回入金額も最小5ドルという海外FX業者もあるぐらいなので、500円のワンコインからFXトレードを楽しむことができるのです。

初心者にやさしいのは国内FX業者よりも、むしろ海外FX業者なのです。

8.MT4が標準搭載。世界で一番普及しているトレードツールが使える

MT4(メタトレーダー)というのは、世界で一番普及しているトレードプラットフォームなのです。

日本ではMT4(メタトレーダー)は高性能チャートツールとして使っている方も多いのですが、実際は売買もできるトレードプラットフォームなのです。

大きな特徴としては、MT4はトレーダー自身が開発した「EA」という自動売買プログラムや独自の「チャート」を使えるということです。

世界中で利用しているトレーダーがいるため、運用成績の良いトレーダーが開発した「EA」や「チャート」を他の方が簡単に使うことができるのです。

初心者でも、プロレベルのトレードができるメリットがあるのです。

国内FX業者の場合は、その会社が独自開発した自社プラットフォームを採用しているケースが多く、機能も使い方も国内FX業者ごとに違いますし、世界レベルでユーザーがいるわけでもないので、不十分なものが多いのです。

9.海外FXは日本でも大丈夫

海外FXがいくら魅力的と言っても

「英語ができないと利用できない」
「外国の方と話すのが不安」

と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、当サイトで紹介している海外FX業者であれば、ほとんどは日本人が在籍していて、日本人からの口座開設やサポートの問い合わせなども、日本人が対応してくれるのです。

平日は24時間対応で、メールや電話、チャット問い合わせなども可能です。

10.最先端のプラットフォームが使える

海外FX業者は世界を相手にサービスを提供しているため、最新のサービスなどが利用できるのが国内FX業者よりも圧倒的に早いのです。

今では

  • twitterやfacebookを使うように「いいね」感覚で運用成績の良い人のトレードをコピーできる「ソーシャルトレード」
  • 日本での株式取引と同じように「板情報」や「気配値」が見れる「ECNプラットフォーム」

など、最先端のFXサービスが利用できるのです。

まとめ

海外FX業者のメリットというのは様々なものがありますが

一番大きいのは

トレーダーが儲けること=海外FX業者の利益になる

ということです。

この大前提があるからこそ、海外FX業者はトレーダーが儲けるために必要な情報やツールやサービスを世界基準で用意してくれているのです。

興味がある方は海外FXにチャレンジしてみましょう。