Pocket

trophy128_128

10年超の海外FX歴を持つ海外FXの達人が選んだ「海外FX業者のおすすめランキング」です。選んだ理由も踏まえて丁寧に解説します。

海外FXを10年以上利用してみて、わかったことは・・・

  1. 金融庁の圧力への「抵抗力」が高い海外FX業者が良い!
  2. 「約定力」の方が「スプレッドの狭さ」よりも何倍も重要!
  3. ボーナスがない海外FX業者の方が良い!
  4. 狙い目はECN口座・プロ口座!
  5. 最終判断は、複数の業者を使ってみて選べば良い!

という点です。一つずつ理由を解説し、その上でおすすめの海外FX業者を紹介します。

金融庁の圧力への「抵抗力」が高い海外FX業者が良い!

ここ10年の間に海外FX業者、世界のFX業界も大きく変わってきています。

元々、レバレッジ規制が導入される前から海外FX業者を使っている投資家というのは、かなり少なく、この時は金融庁の圧力もあってないようなものでした。

しかし、レバレッジ規制を導入してから、ハイレバレッジでのトレードを希望する投資家が、続々と海外FX業者に流れていったのです。

このころから海外FX業者への金融庁の圧力は日増しに強くなっています。

一番初めは「海外FXお役立ちガイド」「iFOREX」が平成23年1月(2011年1月)に金融庁から、警告書が提示されています。

https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/mutouroku/03.pdf

なぜ、このような事態になったかというと「国内のFX業者」が金融庁に対して、怒っているからです。

「顧客の資産保護という名目で「レバレッジ規制」を導入させたら、海外FX業者にどんどん顧客が流れてしまって、シェアを奪われている、きちんと取り締まってくれ。うちらだけ規制されるのでは、戦いようがないよ。」

となるのです。

警告書だけでは「意味がない」と金融庁が悟ると、今度は海外FX業者の所在地の金融監督庁に圧力をかけます。

「日本在住の日本人向けのサービスを提供している海外FX業者にやめるように監督してくれ。」

ということです。

  • 「英国の金融行為規制機構(FCA)」がダメになり
  • 「オーストラリア証券投資委員会(ASIC)」がダメになり
  • 「キプロス証券取引委員会(CySEC)」がダメになり
    ・・・

こうなると、海外FX業者は、日本人顧客はマイナー国の子会社で口座開設ということになるのです。

XMの場合は

  • 日本人以外 → キプロスライセンス
  • 日本人 → セーシェルライセンス

と切り分ける形で対応しています。

その後、欧州でも「ESMA(欧州証券市場監督局)」のレバレッジ規制が導入され、さらに身動きが取りにくくなっています。

世界をまたにかける企業が増えている中で、日本の金融庁と海外の金融監督庁との連携も以前よりはスムーズになった反面、海外FX業者は、コロコロ変わるレギュレーションに対応し続けなければならないのです。

消えていく(日本人顧客へのサービス提供を停止する)海外FX業者も、多くあります。

  • IC Markets
  • PepperStone
  • AxiTrader
  • FxPro
    ・・・

倒産するわけではないので出金拒否などはありませんが、いきなり使っていた海外FX業者が「日本人顧客へのサービス提供を停止します。」となると、口座も変えなければならないですし、使い勝手やスプレッド、約定力などが変わってしまうので、それなりに手間が大きいのです。

海外FX業者を選ぶときには「金融庁の圧力に負けずにサービス提供を継続してくれる抵抗力」が重要なのです。

そういう意味で安心して利用できる海外FX業者は「XM(エックスエム)」です。

「XM(エックスエム)」の担当者は

「絶対に弊社は日本市場をあきらめることがありません。」

と断言していました。

実情は、XMは世界的に見れば、それほど大きい会社ではありません。そのため、自社の売上に占める日本市場のシェアが大きいのです。

長く、海外FXを続けることを念頭に置くと「XM(エックスエム)」がやはり安心して使い続けられる海外FX業者と言えます。

海外FX業者を比較検討するときは「事業歴の長さ」が重要な要素となります。

事業歴が長い海外FX業者は

XM
iFOREX

になります。

「約定力」の方が「スプレッドの狭さ」よりも何倍も重要!

「スプレッドの狭さ」だけにこだわるのであれば、そもそも国内FX業者を使っておけば良いのです。

  • 国内FX業者のスプレッド:米ドル/円 0.3pips~0.5pips
  • 海外FX業者のスプレッド:米ドル/円 0.8pips~1.2pips

ぐらいですので、たしかに海外FX業者のスプレッドの方が広いことは間違えないのです。

逆の言い方をすると「0.5pips」ぐらいの違いで利益がでなくなるようなトレード戦略を取っているのであれば、到底大きく稼ぐことはできないということです。

ある程度投資経験を積んでくると重要視するのは「スプレッドの狭さ」よりも「約定力」です。

  • スリッページが発生しない
  • 狙ったタイミングで約定する
  • 大口の注文でも約定する
  • 約定スピードが早い
  • 約定拒否がない
    ・・・

などです。

トレード戦略がきちんとしていても、約定力が弱いと、思った通りにトレードできずに負けてしまう可能性が高いからです。

スプレッドが多少広くても、約定力が高ければ問題なく、儲けることができるはずです。

「スプレッドの狭さ」を過度に重視する必要はないと考えます。それ以上に約定力が高い海外FX業者を選びましょう。

約定力が高い海外FX業者とは?

約定スピードが速い海外FX業者

BigBoss
TitanFX
AXIORY

などが該当します。

海外FX業者の本当の約定スピードを定点観測データで比較

その他

  • VPSサーバーが利用できる海外FX業者
  • リクイディティプロバイダーと多く提携している海外FX業者
  • 取引サーバーを日本に置いている海外FX業者

などが比較検討のポイントとなります。

ボーナスがない海外FX業者の方が良い!

初心者の投資家の方ほど「ボーナス」に目がいってしまうかと思いますが、ボーナスの原資も、顧客の支払うスプレッドや取引手数料です。

海外FX業者の収入は「スプレッドのマークアップ分(上乗せ)」「取引手数料」しかありません。

となると・・・

「ボーナス」や「トレードコンテスト」は、一見顧客サービスのように思われますが、「スプレッドのマークアップ分(上乗せ)」「取引手数料」から捻出しているだけですので

「ボーナス」や「トレードコンテスト」が手厚い海外FX業者 = スプレッドが広い(取引手数料が高い)

傾向にあります。

「ボーナス」や「トレードコンテスト」を一切しない方針の海外FX業者の方がトレードコストが安い傾向にあるのです。

「ボーナス」や「トレードコンテスト」を一切しない方針の海外FX業者には

AXIORY
TitanFX

などがあります。

狙い目はECN口座・プロ口座!

海外FX業者は、複数の口座を顧客に提供しています。

顧客の資金量で分類する

  1. マイクロ口座、ビギナー口座
  2. スタンダード口座
  3. プロ口座
  4. VIP口座

などの分類があります。

資金量の違いで見ると

  1. マイクロ口座、ビギナー口座:スプレッドが高い、最低入金額が低い(100円~1万円)
  2. スタンダード口座:スプレッドが普通、最低入金額が普通(1万円~)
  3. プロ口座:スプレッドが狭い、最低入金額が高い(10万円~)
  4. VIP口座:スプレッドがかなり狭い、最低入金額がかなり高い(100万円~)

というような違いがあります。

VIP口座並みの大金を海外FX業者に預け入れることはおすすめできませんが、10万円程度のプロ口座であれば、無理のない入金額でトレードコストを抑えてトレードすることができます。

取引方法で分類すると

  1. STP口座
  2. ECN口座

などの分類があります。

  1. STP口座:スプレッドが高い、取引手数料無料
  2. ECN口座:スプレッドが狭い、取引手数料有料

なので、そのままではトレードコストを比較しにくいのですが、実際にスプレッドを計測してみると・・・

2019年1月の米ドル/円平均スプレッド

  • XM(STP):1.9pips
  • XM_ZERO(ECN)::0.4pips+取引手数料:5ドル(往復1.0pips)
  • AXIORY(STP):1.5pips
  • AXIORY_ECN(ECN):0.5pips+取引手数料:3ドル(往復0.6pips)

海外FX業者のスプレッドをリアル口座の同環境観測データで比較/本当にスプレッドが狭い海外FX業者は?

ですから、取引手数料をスプレッド換算して、トレードコストを求めると

  • XM(STP):1.9pips
  • XM_ZERO(ECN)::1.4pips
  • AXIORY(STP):1.5pips
  • AXIORY_ECN(ECN):1.1pips

と、それでもECN口座の方がトレードコストは安くなるのです。

「プロ口座」「ECN口座」を使った方がトレードコストが安くなります。ご自身の条件で利用できる「プロ口座」「ECN口座」がある海外FX業者を利用するべきと言えるでしょう。

最終判断は、複数の業者を使ってみて選べば良い!

あとは、投資家と海外FX業者の相性の問題もあります。

  • MT5を利用するかどうか?
  • 頻繁にサポートと連絡を取るかどうか?
  • 英語ができるかどうか?
  • VPSサーバーを使うかどうか?
  • トレードコストをするかどうか?
  • 資金がどのくらいあるか?
  • ECN口座を使うかどうか?
  • EAを使うかどうか?
  • トレードスタイルは何になるか?
    ・・・

投資家ごとに重視するポイントが異なるので、最終的な判断は2社、3社利用してみて、一番自分と合う海外FX業者を見つけるべきです。

複数の海外FX口座を開設した方が、より違いが鮮明になり、自分に適した海外FX業者を選びやすくなるのです。

まとめ

  1. 金融庁の圧力への「抵抗力」が高い海外FX業者が良い!
  2. 「約定力」の方が「スプレッドの狭さ」よりも何倍も重要!
  3. ボーナスがない海外FX業者の方が良い!
  4. 狙い目はECN口座・プロ口座!
  5. 最終判断は、複数の業者を使ってみて選べば良い!

という点を意識して、海外FX歴10年の筆者が海外FX業者をランキング化しました。

海外FXの達人が選ぶ「絶対におすすめしたい」海外FX業者ランキングTOP10

i_rank1_21

XM(エックスエム)

XM_logoXM(エックスエム)は、ヨーロッパのイギリス連邦加盟国「キプロス」に本社を置き、世界196ヶ国に展開している海外FX業者です。日本人スタッフも複数在籍して、日本人にもっとも選ばれている海外FX業者です。(日本人顧客はセーシェル口座になります。)

大きな特徴は

  • 業界トップレベルの約定力/約定スピード
  • 0スプレッドのECN口座あり
  • 最大レバレッジ888倍
  • 常にボーナスやポイントなどの特典が豊富
  • 最大2万5千ユーロ(約250万円)までの信託保全
    (キプロス口座の場合、セーシェル口座の場合は上限あり一部信託保全)
  • 口座開設ボーナス3000円
  • 初回入金ボーナス50%、追加入金ボーナス20%

などがあります。とくに執行率100%、99.35%は1秒以下で執行という約定力には定評があり、経験豊富な大口投資家にも人気が高い海外FX業者です。

また、最低入金額が5ドル(500円)、最低取引量10通貨からと、ワンコインで取引ができ、888倍という高いレバレッジがかけられるため、初心者や小口のトレーダーにとって利便性の高い海外FX業者なのです。

総合力で、初心者から上級者までおすすめの海外FX業者です。

口座の種類取引手数料
(片道)
スプレッド種類最小スプレッド
米ドル/円
平均スプレッド
米ドル/円
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
最大レバレッジ約定スピード(最低)/秒
マイクロ口座/STP無料変動1.001.801.00888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
0.925秒
スタンダード口座/STP無料変動1.001.801.00888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
0.925秒
ゼロ口座/ECN5ドル変動0.000.451.00500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
0.925秒

XM(エックスエム)海外FXの口座開設はこちら

ランキング評価の理由

決してスプレッドがトップレベルに狭いというわけではありませんが、ロスカットレベルも20%、最高レバレッジも888倍、最低入金額5ドル、10通貨からの取引、信託保全も一部あり、かつ約定スピードが業界トップレベルのスピード、それでいてECN口座がありボーナスやポイントなども手厚いと、全方向に対して平均点以上のサービスが整っている海外FX業者だからです。

初心者の方はもちろんのこと、海外FX歴の長い方でも口座はずっと持っていて他の海外FX業者と併用している方が多いのが実情です。

また、実際にスイスショック時などもきちんと追証ゼロを守って、マイナス残高をリセットしてくれたり、日本人スタッフが多数在籍しているため、日本の企業のように対応してくれます。歴史の浅い海外FX業者が多い中で、日本在住の日本人向けに継続的にサービスを提供してくれている実績も評価できるポイントなのです。

迷ったらXM(エックスエム)ではじめておいて間違えはありません。

XM(エックスエム)詳細情報はこちら

i_rank1_22

AXIORY(アキシオリー)

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSCに許認可を受けている海外FX業者です。海外FX業者としては比較的新しく2013年に設立された海外FX業者です。提携LPの会社名を全て公開、完全信託保全など透明性の高さと安心感を重視した海外FX業者です。

大きな特徴は

  • 「スプレッドの狭さ業界1位」を掲げ、実際に平均スプレッドも狭い
  • リアルタイムスプレッド、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示
  • 提携LPの会社名を全て公開で高い透明性
  • 信託保全は顧客資産の全額
  • ECN口座の手数料が片道3ドルと業界トップレベルの安さ

です。他の海外FX業者と大きく違うのは、提携LPの社名をすべて公開、スプレッドも最小値だけでなく、平均、最大、リアルタイムとすべて公開しています。ここまで透明性の高い海外FX業者は少なく、逆に言えばそれだけ約定力やスプレッドの狭さに自信があることの裏付けと言えます。

また、ECN口座の手数料も1ロットの片道3ドルというのは大手海外FX業者の中では一番の安さと言えます。信託保全も全額信託保全という安心感があります。

海外FX業者の信頼性や透明性の高さを重視する方におすすめです。

現在実施中のキャンペーン

    口座の種類取引手数料
    (片道)
    スプレッド種類最小スプレッド
    米ドル/円
    平均スプレッド
    米ドル/円
    トレードコスト合計(最小)
    米ドル/円
    取引手数料(往復)
    +スプレッド(最小)
    最大レバレッジ約定スピード(最低)/秒
    スタンダード口座/MT4/STP無料変動1.101.601.10400倍(~10万ドル)
    300倍(~20万ドル)
    0.328秒
    ナノスプレッド口座/MT4/ECN3ドル変動0.100.600.70400倍(~10万ドル)
    300倍(~20万ドル)
    0.328秒
    スタンダード口座/cTrader/STP無料変動1.101.601.10400倍(~10万ドル)
    300倍(~20万ドル)
    0.328秒
    ナノスプレッド口座/cTrader/ECN3ドル変動0.100.600.70400倍(~10万ドル)
    300倍(~20万ドル)
    0.328秒

    AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

    ランキング評価の理由

    AXIORY(アキシオリー)はベリーズ国際金融サービス委員会 IFSCに許認可を持っている海外FX業者で、顧客に対する真摯な対応が色々なところに現れています。提携LPの会社名をすべて公表、信託保全は全額保全、最小スプレッドだけでなく、平均、最大、リアルタイムもすべてウェブ上に表示と他の海外FX業者よりも情報公開の精度が高いのです。顧客資金全額の信託保全というのも海外FX業者では珍しいのです。

    また、ECN口座の手数料が片道3ドルとトップレベルの安さになっているため、米ドル/円の平均スプレッド0.3pipsと合算しても、0.9pipsのトレードコストに納まるのです。

    狭いスプレッドでの取引が望んでいる方、全額信託保全で資産を保全したい方、透明性が高い海外FX業者を利用したい方、かつECN口座を利用したい方にうってつけの海外FX業者です。

    AXIORY(アキシオリー)詳細情報はこちら

    i_rank1_23

    LAND-FX

    LAND-FX_logoLAND-FXは、英国に本社を置き、世界13ヶ国に展開している海外FX業者です。海外FX業者としては比較的新しく2013年に設立されました。英国FCAの金融ライセンスを保有しています。

    大きな特徴は

    • 0.3pips~という狭いスプレッド設定
    • 0.035秒で約定する高い約定スピード
    • ECN口座の取引手数料が片道3.5ドル/ロットと安い
    • リクオートなし、インターンバンク直結のECN口座
    • コピートレード可能なソーシャルトレードも利用可能
    • 1時間以内に入金・出金の手続きを実行
    • 厳格な金融ライセンス英国FCAを取得
    • 顧客資金取扱規定(CASS)が適用され顧客資産は全額信託保全

    です。STP口座でも、0.3pips~という業界トップレベルのスプレッドの狭さを誇り、約定スピードも自社発表では0.035秒というスピードとこちらもかなりの約定力を有してします。また、2016年6月に厳格な金融ライセンス英国FCAを取得するなど信頼性に対する努力も続けています。

    ECN口座やソーシャルトレードという最新のプラットフォームも用意されているため、急激に人気が高まっている海外FX業者と言えます。

    口座の種類取引手数料
    (片道)
    スプレッド種類最小スプレッド
    米ドル/円
    平均スプレッド
    米ドル/円
    トレードコスト合計(最小)
    米ドル/円
    取引手数料(往復)
    +スプレッド(最小)
    最大レバレッジ約定スピード(最低)/秒
    Live口座/STP無料変動0.700.900.70500倍
    100%ボーナスPlus口座/STP無料変動0.700.900.70500倍
    ECN口座/ECN3.5ドル変動0.100.400.80200倍

    LAND-FX海外FXの口座開設はこちら

    ランキング評価の理由

    英国FCAという金融ライセンスの中でも、信頼性が高く、取得が難しいライセンスで運営している信頼性の高い海外FX業者です。FCA CASS(顧客資金取扱規定)が適用されるため、顧客資産は全額信託保全されます。

    LAND-FXのFXサービスの特徴は、スプレッドが平均スプレッドで米ドル/円1.2pipsという狭さと、0.035秒で約定する高い約定スピードが売りと言えます。ボーナスも既定の取引量をクリアすれば出金が可能な入金ボーン巣があるため、「トレードコストを抑えたい」トレーダーにおすすめの海外FX業者です。500倍のレバレッジや30%のマージンコールも十分なスペックと言えます。

    また、ECN口座も、手数料は片道3.5ドル(往復7.0ドル)という低コストで用意されているため、トレードコストを抑えるためにおすすめできる海外FX業者と言えます。

    LAND-FX詳細情報はこちら

    i_rank1_24

    TitanFX

    TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可を受けている海外FX業者です。2015年にサービスを開始したかなり新しい海外FX業者になります。取引のシステムに優れ約定力に自信を持っている海外FX業者です。本社はオーストラリアにあり、元々はニュージーランドの金融ライセンスで運営したのですが、現在は、バヌアツ共和国の金融ライセンスでサービス提供しています。

    大きな特徴は

    • ECN口座のスプレッドは米ドル/円0.1pips~
    • 取引サーバー間の通信速度(レイテンシー)を最小化し高速取引を実現
    • 平均約定率は99.7%
    • 顧客資産はNAB(National Australia Bank)の信託口座で分別管理
    • ECN口座の取引手数料が1ロット片道3.5ドルと業界トップクラスの安さ

    取引方法に制限がない為、両建て取引やスキャルピングなども可能です。ECN口座に自信がある海外FX業者で通信速度(レーテンシー)を最小化する技術により、高い約定スピードを有しています。ECN口座のスプレッドも最小0.1pips~となっていて、かつ取引手数料が3.5ドルと格安設定のため、ECN口座を利用する場合にメリットが豊富な海外FX業者です。

    ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

    口座の種類取引手数料
    (片道)
    スプレッド種類最小スプレッド
    米ドル/円
    平均スプレッド
    米ドル/円
    トレードコスト合計(最小)
    米ドル/円
    取引手数料(往復)
    +スプレッド(最小)
    最大レバレッジ約定スピード(最低)/秒
    Zeroスタンダード口座/STP無料変動1.001.331.00500倍0.500秒
    Zeroブレード口座/ECN3.5ドル変動0.000.330.70500倍0.500秒

    TitanFX海外FXの口座開設はこちら

    ランキング評価の理由

    TitanFXは、2015年と比較的新しい海外FX業者ですが、信速度(レーテンシー)を最小化する技術に定評があり、平均約定率が99.7%と自社公表ではかなり高い約定力を誇っています。

    また、スプレッドも非常に狭く、実際に弊社で計測した実測値でも狭い数値をたたき出しています。十分に低コストでトレードできる海外FX業者となっています。

    ECN口座も、手数料は片道3.5ドル(往復7.0ドル)と低コストで利用できるため、STP口座よりもさらに安いトレードコストを実現しています。

    ボーナスやトレードコンテストなどの投資家還元はありませんが、その分トレードコストを抑えることに注力している海外FX業者です。

    TitanFX詳細情報はこちら

     

    i_rank1_25

    HotForexの概要

    HotForex_logoHotForexは、HF Markets (SV) Ltd社が運営している海外FX業者です。HotForexは、キプロスに本社があり、セントビンセントおよびグレナディン諸島の金融ライセンスSVG/IBCのライセンスでサービス提供しています。2010年に設立され、50万口座以上の口座数を保有する比較的規模の大きい海外FX業者です。

    大きな特徴は

    • 8種類の口座が用意されている
    • VIP口座はかなり狭いスプレッド設定
    • 最低入金額は5ドル(約500円)と少額
    • レバレッジは最大1000倍
    • 固定スプレッド口座あり
    • 口座開設ボーナスあり
    • 入金ボーナスあり
    • 無料VPSあり
    • 監査法人デロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)を利用
    • 親会社はキプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンス保有
    • 500万ユーロを上限とする民事賠償保険に加入

    などがあります。

    HotForexは、口座の種類やツール、教育コンテンツの種類が豊富でかつボーナスも手厚いため、投資経験が一定以上ある中級者以上の投資家におすすめできる海外FX業者です。

    口座の種類取引手数料
    (片道)
    スプレッド種類最小スプレッド
    米ドル/円
    平均スプレッド
    米ドル/円
    トレードコスト合計(最小)
    米ドル/円
    取引手数料(往復)
    +スプレッド(最小)
    最大レバレッジ約定スピード(最低)/秒
    マイクロ口座/STP無料変動1.001.701.001000倍
    プレミアム口座/STP無料変動1.001.701.00500倍
    ZERO口座/STP3ドル変動0.000.201.20500倍
    AUTO口座/STP無料変動1.001.701.00500倍
    HFCOPY口座/STP無料変動1.001.701.00400倍

    HotForex海外FXの口座開設はこちら

    ランキング評価の理由

    HotForexも、投資経験のある方におすすめできる海外FX業者となっています。

    VIP口座はかなり狭いスプレッド設定で提供されていることや、様々な上級者向けのトレードツールを提供しています。

    ウェビナーも英語ですが、かなりの数が開催されていて、入金ボーナスなどもしっかり整備されています。

    取引可能な口座数も多く「VIP口座」「固定スプレッド口座」「PAMM口座」「AUTO口座」「コピートレード口座」など、トレードスタイルに合わせていろいろな口座を選択可能です。

    VIP口座が利用できる投資家におすすめしたい海外FX業者です。

    HotForex詳細情報はこちら

    i_rank1_26

    Tickmillの概要

    Tickmill_logoTickmillは、Tickmill Ltd社が運営している海外FX業者です。親会社のTickmill UK Ltd社は英国とウェールズに本社を持ち英国FCAの金融ライセンスを保有しています。Tickmill Ltd社は、セーシェルの金融ライセンス(FSA)を取得し、サービス提供しています。2016年に設立された事業歴の浅い比較的新しい海外FX業者です。

    大きな特徴は

    • 親会社は英国FCAのライセンスを持っている信頼性が高い海外FX業者
    • プロ口座、VIP口座のスプレッドが狭い
    • ECN口座は手数料が格安
    • 平均実行速度: 0.1秒の約定スピード
    • スキャルピングや両建て可
    • 日本語対応が整っている
    • 口座開設ボーナスあり
    • 毎月優秀なトレーダーに1,000ドルの賞金
    • レバレッジは最大500倍
    • 分別管理
    • 米ドル口座のみ
    • ECN口座は最低入金額が低い

    などがあります。

    Tickmillは、金融ライセンスがしっかりしていて、約定力が高く、プロ口座、VIP口座のスプレッドが狭い海外FX業者です。比較的新しい海外FX業者ですので、定着するかという課題はありますが、検討する価値のある海外FX業者と言えます。

    口座の種類取引手数料
    (片道)
    スプレッド種類最小スプレッド
    米ドル/円
    平均スプレッド
    米ドル/円
    トレードコスト合計(最小)
    米ドル/円
    取引手数料(往復)
    +スプレッド(最小)
    最大レバレッジ約定スピード(最低)/秒
    クラシック口座/STP無料変動1.601.60500倍
    プロ口座/ECN2ドル変動0.000.200.40500倍
    VIP口座/ECN1ドル変動0.000.200.20500倍

    Tickmill海外FXの口座開設はこちら

    ランキング評価の理由

    Tickmillは、2016年に設立された比較的新しい海外FX業者です。ただし、親会社は英国FCAのライセンスを持っていて、Tickmill自体も、セーシェルライセンスで運営している信頼性の高い海外FX業者です。

    サービス面では、クラシック口座のスプレッドは広めですが、プロ口座、VIP口座のスプレッドは狭く設定されています。

    スキャルピングや両建ても可能で、口座開設ボーナスもあり、オートチャーティストなどのトレードツールも使えます。

    マイナス点は「米ドル口座」しか現時点ではないので、どちらかというと中級者向きの海外FX業者と言えます。

    Tickmill詳細情報はこちら

    i_rank1_27

    FBS

    FBS_logoFBSは、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)に認可されアジアを中心に120か国で事業展開している海外FX業者です。アクティブな投資家が約200万人、取引量が1億2700万を超え、年間5億ドルの取引量を誇る急速に規模を拡大している海外FX業者と言えます。

    大きな特徴は

    • 最大レバレッジ3000倍
    • 最低入金額は1ドルから
    • 米ドル/円0.2pips~と業界トップクラスの狭スプレッド
    • 投資家の継続率も80%超
    • 入金ボーナス100%、追加ボーナス100%
    • 信託保全

    などがあります。色々な口座を用意して、初心者から上級者まで幅広い顧客層に対してサービスを展開していることやボーナスの豊富さ、入金ハードルの低さ、スプレッドの狭さなど総合力の高い海外FX業者と言えます。

    アジア中心の事業展開として、ウェブサイトが見にくいなどのマイナスポイントもあるのですが、ボーナスを生かしながら、少ない証拠金でトレードをしたい初心者投資家におすすめできる海外FX業者と言えます。

    口座の種類取引手数料
    (片道)
    スプレッド種類最小スプレッド
    米ドル/円
    平均スプレッド
    米ドル/円
    トレードコスト合計(最小)
    米ドル/円
    取引手数料(往復)
    +スプレッド(最小)
    最大レバレッジ約定スピード(最低)/秒
    セント口座/STP無料変動2.002.002.001000倍0.300秒
    マイクロ口座/STP無料原則固定3.003.003.003000倍0.300秒
    スタンダード口座/STP無料変動1.002.001.003000倍0.300秒
    ゼロ・スプレッド口座/STP10ドル原則固定0.000.002.003000倍0.300秒
    ECN口座/ECN6ドル変動1.003.003.40500倍0.300秒

    FBS海外FXの口座開設はこちら

    ランキング評価の理由

    顧客数800万人超、年間取引額5億ドル超、投資家の継続率80%超と確かな実績を誇る海外FX業者であることがランキング評価のベースとなっています。

    サービス面でも、1ドルから3000倍のレバレッジで取引ができるセント口座から、米ドル/円0.2pips~という狭いスプレッドでトレードができるアンリミテッド口座まで、幅広い口座を用意していることが人気の理由ともいえます。ボーナスも口座開設ボーナス123ドル、入金ボーナス100%、追加ボーナス100%と、手厚いので投資家の継続率が高いこともうなづけるサービスレベルなのです。

    マイナス点は、「ウェブサイトが見にくい」「日本語対応が微妙」など日本市場向けになりきれていない点です。良くも悪くもアジア中心に活動している海外FX業者という点が5位のランクになっています。ただし、ボーナスやコンテストを重視したい方にはおすすめの海外FX業者です。

    FBS詳細情報はこちら

    IronFX

    IronFX_logoIronFX(アイアンエフエックス)は、FCA(英国金融行為規制機構)、ASIC(オーストラリア証券投資委員会) およびCySEC(キプロス証券取引委員会)に許認可を受けている海外FX業者で、世界180ヵ国以上にFXサービスを展開し、世界8か国に本社オフィスを持っています。日本人でも誰もが知っているFCバルセロナのオフィシャルパートナーです。レバレッジ規制対象外(ハイレバレッジ)で日本人顧客が口座開設する場合は「バミューダライセンスの口座」になります。

    大きな特徴は

    • 英国FCA、オーストラリア証券投資委員会、キプロス証券取引委員会と厳しい許認可を受ける海外FX業者
    • 顧客全体で損失額よりも利益額が上回っている実績
    • 世界8か国にオフィスを持ち、FXDDも傘下にしている規模の大きい企業グループ
    • 取引の99.62%が1000分の1秒以内に執行。スリッページなしの即時実行
    • 提携LPの会社名を全て公開で高い透明性
    • 金融のプロによる最高水準のマーケット分析
    • 5万ポンドまでの信託保全
    • ECN口座、ソーシャルトレードなどの多彩な口座を用意
    • 種類の多いプロモーション

    などがあります。

    顧客全体で損失額よりも利益額が上回っている実績や金融のプロによる最高水準のマーケット分析、選べる口座数の多さ、など、ある程度の投資経験のある方が活用できる海外FX業者となっています。

    口座開設ボーナスやトレードコンテストも頻繁に行っている海外FX業者です。

    口座の種類取引手数料
    (片道)
    スプレッド種類最小スプレッド
    米ドル/円
    平均スプレッド
    米ドル/円
    トレードコスト合計(最小)
    米ドル/円
    取引手数料(往復)
    +スプレッド(最小)
    最大レバレッジ約定スピード(最低)/秒
    変動ライブスプレッドマイクロ口座/STP無料変動0.800.80500倍
    変動ライブスプレッドプレミアム口座/STP無料変動0.400.900.40500倍
    変動ライブスプレッドVIP口座/STP無料変動0.200.20500倍
    固定ライブスプレッドマイクロ口座/STP無料原則固定2.202.202.20500倍
    固定ライブスプレッドプレミアム口座/STP無料原則固定1.801.801.80500倍
    固定ライブスプレッドVIP口座/STP無料原則固定1.601.601.60500倍
    固定ゼロフィックスドスプレッド口座/STP9ドル~21.5ドル原則固定0.000.001.80500倍
    ECN手数料なし口座/ECN無料変動1.701.70500倍
    ECNゼロスプレッド口座/ECN3.25ドル~6.75ドル変動0.000.64500倍

    IronFX(アイアンエフエックス)海外FXの口座開設はこちら

    ランキング評価の理由

    IronFXは、グループ会社がFCA(英国金融行為規制機構)、ASIC(オーストラリア証券投資委員会) およびCySEC(キプロス証券取引委員会)に許認可を受けている信頼性の高い海外FX業者です。

    特徴としては「VIP口座」や「ゼロ固定スプレッド口座」「ECN口座」など幅広い口座用意されていて、VIP口座などはかなり狭いスプレッドでトレードが可能です。

    また、顧客全体で損失額よりも利益額が上回っている実績があり、金融のプロによる最高水準のマーケット分析情報が取得できるなど、情報収集のレベルが高い海外FX業者となっています。

    口座開設ボーナス、入金ボーナス、トレードコンテストも頻繁に開催されているため、投資経験のある、運用資金が高額になる、投資家におすすめできる海外FX業者となっています。

    IronFX詳細情報はこちら

    Pocket