目次

Pocket

「ウェブサイトに掲載されたスプレッドと実際にトレードしてみたスプレッドが違う気がするんだけど・・・。」

海外FXを利用している投資家は、多くの方がこのような印象を受けた海外FX業者があるのではないでしょうか。このような現象が発生するのは、「スプレッドの計測している立場の違い」というのが大きな問題だと思われます。海外FX業者の自社公表データを疑っているわけではありませんが、実際にトレードをした結果のスプレッドではないため、信憑性が低いのも事実です。

今回は、当サイトで「同じ環境」で、主要な海外FX業者の「リアル口座」を開設し、1年間「MT4」で計測したスプレッドで海外FX業者をランキング化しました。

これで本当に「スプレッドが狭い海外FX業者」がわかります。

海外FX「狭スプレッド」ランキングの根拠データの計測条件

検証データ

  • 計測期間:2017年4月1日~12月31日
  • 利用したVPSサーバー:
    お名前.comデスクトップクラウド for FX(米国データセンター)
  • 利用したプラットフォーム:MT4
  • 計測通貨ペア:
    • 「米ドル/円(USD/JPY)」
    • 「ユーロ/円(EUR/JPY)」
    • 「英ポンド/円(GBPJPY)」
    • 「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」
    • 「カナダドル/円(CAD/JPY)」
    • 「豪ドル/円(AUD/JPY)」
    • 「米ドル/豪ドル「(AUD/USD)」
  • 今回開設したFX海外口座(リアル口座)
    • XM → スタンダード口座
    • XM_ZERO → ゼロ口座(手数料片道:5ドル)
    • AXIORY → スタンダード口座
    • AXIORY_ECN → ナノスプレッド口座(手数料片道:3ドル)
    • LAND-FX → Live口座
    • TitanFX → Zeroスタンダード口座
    • FBS → スタンダード口座
    • IronFX → 変動ライブスプレッドマイクロ口座
    • IFCMarkets → スタンダード口座
    • BigBoss → スタンダード口座

リアルタイムのスプレッド計測データはこちら

海外FX業者のスプレッドをリアル口座の同環境観測データで比較/本当にスプレッドが狭い海外FX業者は?

ランキングを見る時の注意点

ECN口座はスプレッド換算

ECN口座は往復手数料をスプレッド換算して計算しています。

スプレッド:0.2pips、片道3ドルの海外FX口座の場合

スプレッド:0.2pips + 0.3pips(1ドル≒0.1pips) × 2(往復) = 0.8pips

平均スプレッドの方が最小スプレッドよりも参考にすべき

今回のデータ測定では

  • 最小スプレッド
  • 平均スプレッド

ともに測定していますが、信頼性が高いのは「平均値」です。平均スプレッドの狭い海外FX業者がおすすめです。

海外FX「狭スプレッド」ランキング

「米ドル/円(USD/JPY)」平均スプレッドランキング

海外FX口座米ドル/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)1.215
TitanFX1.379
AXIORY1.667
IFCMarkets1.810
BigBoss2.013
LAND-FX2.021
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)2.044
FBS2.052
XM2.064
IronFX2.211
海外FX口座米ドル/円
平均値1.369

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

IFCMarketsの概要

IFCMarkets_logoIFCMarketsは、IFCMARKETS社が運営している海外FX業者です。英国領ヴァージン島の金融商品市場指令(BVI FSC)で許認可および規制を受けている海外FX業者で、IFCグループの投資会社はCySECの認可も受けています。

2006年から海外FXのサービス提供をするなど、かなり歴史のあり、8万人以上の顧客がいる実際も高い海外FX業者と言えます。

最大の特徴は「固定スプレッド」の海外FX業者で米ドル/円1.8pipsと狭いスプレッドを提供しているということです。変動スプレッドを採用している海外FX業者の平均スプレッドと比較するとやや広いスプレッドのように思われますが、指標発表時などの取引が集中するタイミングで見れば当然、固定スプレッドの方が狭いスプレッドでトレードが可能になります。

また、カバー先金融機関の提示価格を束ねて最良な価格(買値bidと売値ask)をお客様に提供するSTP方式を採用しているため、リクオートなし、約定拒否なしでトレードが可能というメリットがあります。

運営期間が長いこともあり、市場データやテクニカル分析、マーケットレポートなど豊富な教育コンテンツを用意しています。初心者の方でもこの海外FX業者の情報を参考にトレードするだけで、トレードのノウハウを身に着けることができるでしょう。

IFCMarkets海外FXの口座開設はこちら

「ユーロ/円(EUR/JPY)」平均スプレッドランキング

海外FX口座ユーロ/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)1.531
TitanFX1.761
FBS1.865
AXIORY2.010
IFCMarkets2.513
BigBoss2.796
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)2.865
IronFX2.989
XM3.021
LAND-FX3.468
海外FX口座ユーロ/円
平均値1.732

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

FBSの概要

FBS_logoFBSは、FBS Markets Inc社/Parallax Incorporated社が運営している海外FX業者です。金融ライセンスとしては、FBS Markets Inc社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可を受けていますが、日本在住の日本人向けにはParallax Incorporated社がサービス提供しています。

2009年と比較的歴史の長い海外FX業者で、120以上の国でサービス展開し、500万人以上の投資家、年間5億ドルの取引をしているかなり規模が大きい海外FX業者です。投資家の継続率も80%を超えるなど、投資家からの評価も高くなっています。

大きな特徴は、最大レバレッジは3000倍、最低入金額は1ドルという「セント口座」から、最小スプレッド0.0pips~の「ゼロスプレッド口座」、取引手数料無料で米ドル/円最小スプレッド0.2pips~、平均スプレッド1.1pipsでトレードが可能なECN口座の「アンリミテッド口座」まで、幅広い口座を持ち、初心者から上級者まですべての層に合致したトレード環境を用意していることです。

さらに口座開設ボーナス5ドル、入金ボーナス100%、追加ボーナス100%という手厚いボーナスも人気の理由と言っていいでしょう。損失を補てんしてくれる無料保険という制度もあります

FBS海外FXの口座開設はこちら

「英ポンド/円(GBPJPY)」平均スプレッドランキング

海外FX口座ポンド/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)2.541
TitanFX2.824
AXIORY3.043
BigBoss3.825
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)3.969
FBS4.172
LAND-FX4.534
XM4.775
IFCMarkets5.560
IronFX5.791
海外FX口座ポンド/円
平均値2.737

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

BigBossの概要

BigBoss_logoBigBossは、Big Boss Holdings Company Limited社が運営している海外FX業者です。BigBossはニュージーランドに本社があり、元々はニュージーランドの金融ライセンス(NZFSP)に認可を受けてFXサービスを提供していましたが、NZFSPの締め付けが厳しくなり、日本人顧客へのサービス提供ができなくなったため、セントビンセント・グレナディーン(SVG)に子会社を作り、SVG/IBCのライセンスでサービス提供する形を取っています。

サービス面では「平均スプレッドが狭い設定」「豪ドル関連の通貨ペアで狭いスプレッドを実現」「高くて、安定した約定力」「複数の大手Liquidity Providersからレート配信を受ける」「金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンターを採用」「国内送金での入出金が可能」という特徴があります。

元々、定評があったのは高い約定力です。EQUINIX社データセンター、大手金融機関から直接プライスデータを受け取って、投資家に一番有利な価格を提供しているため、スプレッドも安定して狭い設計となっています。とくにニュージーランドの会社ですので、オセアニア地域の通貨ペアは他の海外FX業者と比較しても、狭い設定になっています。

入出金に関しては、国内銀行からのクイック入金が可能、ビットコイン入金にも対応、国内銀行への出金が可能と選択肢は広いのですが、一方で国内入金は5万円未満だと手数料1,000円、海外送金や国内銀行への出金の際は一律で20ドル(2,000円)の手数料が発生する等、やや入手金のコストが高いことがデメリットです。

高い約定力を期待する投資家、トレードする通貨ペアのスプレッドが他の海外FX業者よりも狭い場合には、おすすめできる海外FX業者となっています。

BigBoss海外FXの口座開設はこちら

「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」平均スプレッドランキング

海外FX口座米ドル/ユーロ
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)1.082
FBS1.296
TitanFX1.339
LAND-FX1.795
IFCMarkets1.810
XM1.892
AXIORY1.966
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)1.982
BigBoss2.167
IronFX2.328
海外FX口座米ドル/ユーロ
平均値1.328

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

FBSの概要

FBS_logoFBSは、FBS Markets Inc社/Parallax Incorporated社が運営している海外FX業者です。金融ライセンスとしては、FBS Markets Inc社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可を受けていますが、日本在住の日本人向けにはParallax Incorporated社がサービス提供しています。

2009年と比較的歴史の長い海外FX業者で、120以上の国でサービス展開し、500万人以上の投資家、年間5億ドルの取引をしているかなり規模が大きい海外FX業者です。投資家の継続率も80%を超えるなど、投資家からの評価も高くなっています。

大きな特徴は、最大レバレッジは3000倍、最低入金額は1ドルという「セント口座」から、最小スプレッド0.0pips~の「ゼロスプレッド口座」、取引手数料無料で米ドル/円最小スプレッド0.2pips~、平均スプレッド1.1pipsでトレードが可能なECN口座の「アンリミテッド口座」まで、幅広い口座を持ち、初心者から上級者まですべての層に合致したトレード環境を用意していることです。

さらに口座開設ボーナス5ドル、入金ボーナス100%、追加ボーナス100%という手厚いボーナスも人気の理由と言っていいでしょう。損失を補てんしてくれる無料保険という制度もあります

FBS海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

「豪ドル/円(AUD/JPY)」平均スプレッドランキング

海外FX口座豪ドル/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)1.764
TitanFX1.995
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)2.209
AXIORY2.511
BigBoss2.624
FBS3.289
IFCMarkets3.537
XM3.649
LAND-FX4.027
IronFX5.330
海外FX口座豪ドル/円
平均値2.231

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

XM(エックスエム)の概要

XM_logoXM(エックスエム)は、Trading Point of Financial Instruments Ltd社が運営している海外FX業者です。世界196ヶ国のお客様にサービスを提供し、20言語以上に対応しています。

XM(エックスエム)は、ヨーロッパのイギリス連邦加盟国「キプロス」に本社を置く、ヨーロッパの海外FX業者です。(現在日本人顧客はセーシェル口座での口座開設となります。)約定力に定評があり、レバレッジも最大888倍と高く、かつ最低入金額も5ドルからと初心者にもやさしい設定のため、2009年からの営業ですが日本では初心者から上級者までオールラウンドに知名度がある海外FX業者と言っても過言ではありません。「196か国で45万人を超えるトレーダーが利用」「1.5億円以上の取引が完全にリクオートなし、約定拒否なしで約定」と実績も海外FX業者の中では群を抜いていて、信頼性の高い海外FX業者と言えるでしょう、

「執行率100%、99.35%は1秒以下で執行」という約定力の高さ、と「数千ものコンテストが常に開催されているXMアリーナ」などの独自サービス、「日本語のウェブセミナーなどの充実した教育コンテンツ」に定評があり、多くの日本人が利用している海外FX業者です。

「執行率100%、99.35%は1秒以下で執行」という約定力の高さ、と「数千ものコンテストが常に開催されているXMアリーナ」などの独自サービス、「日本語のウェブセミナーなどの充実した教育コンテンツ」に定評があり、多くの日本人が利用している海外FX業者です。日本人スタッフも複数名いるため、安心して利用することができます。

キプロス証券取引委員会に認可を受けており、2万5千ユーロ(約250万円)までは信託保全もされるため、安心して利用できる海外FX業者と言えます。(キプロス口座の場合、セーシェル口座の場合は上限あり一部信託保全です。)

初心者から上級者まで、多くの方におすすめできる海外FX業者です。

XM(エックスエム)海外FXの口座開設はこちら

「米ドル/豪ドル「(AUD/USD)」平均スプレッドランキング

海外FX口座豪ドル/米ドル
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)1.509
TitanFX1.613
BigBoss1.955
IFCMarkets2.021
AXIORY2.100
XM2.214
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)2.285
IronFX2.566
LAND-FX2.605
FBS2.900
海外FX口座豪ドル/米ドル
平均値1.591

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

BigBossの概要

BigBoss_logoBigBossは、Big Boss Holdings Company Limited社が運営している海外FX業者です。BigBossはニュージーランドに本社があり、元々はニュージーランドの金融ライセンス(NZFSP)に認可を受けてFXサービスを提供していましたが、NZFSPの締め付けが厳しくなり、日本人顧客へのサービス提供ができなくなったため、セントビンセント・グレナディーン(SVG)に子会社を作り、SVG/IBCのライセンスでサービス提供する形を取っています。

サービス面では「平均スプレッドが狭い設定」「豪ドル関連の通貨ペアで狭いスプレッドを実現」「高くて、安定した約定力」「複数の大手Liquidity Providersからレート配信を受ける」「金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンターを採用」「国内送金での入出金が可能」という特徴があります。

元々、定評があったのは高い約定力です。EQUINIX社データセンター、大手金融機関から直接プライスデータを受け取って、投資家に一番有利な価格を提供しているため、スプレッドも安定して狭い設計となっています。とくにニュージーランドの会社ですので、オセアニア地域の通貨ペアは他の海外FX業者と比較しても、狭い設定になっています。

入出金に関しては、国内銀行からのクイック入金が可能、ビットコイン入金にも対応、国内銀行への出金が可能と選択肢は広いのですが、一方で国内入金は5万円未満だと手数料1,000円、海外送金や国内銀行への出金の際は一律で20ドル(2,000円)の手数料が発生する等、やや入手金のコストが高いことがデメリットです。

高い約定力を期待する投資家、トレードする通貨ペアのスプレッドが他の海外FX業者よりも狭い場合には、おすすめできる海外FX業者となっています。

BigBoss海外FXの口座開設はこちら

「カナダドル/円(CAD/JPY)」平均スプレッドランキング

海外FX口座カナダドル/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)1.982
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)2.438
TitanFX2.597
AXIORY2.635
FBS2.654
BigBoss3.069
IFCMarkets3.537
XM3.970
LAND-FX4.191
IronFX5.289
海外FX口座カナダドル/円
平均値2.309

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

XM(エックスエム)の概要

XM_logoXM(エックスエム)は、Trading Point of Financial Instruments Ltd社が運営している海外FX業者です。世界196ヶ国のお客様にサービスを提供し、20言語以上に対応しています。

XM(エックスエム)は、ヨーロッパのイギリス連邦加盟国「キプロス」に本社を置く、ヨーロッパの海外FX業者です。(現在日本人顧客はセーシェル口座での口座開設となります。)約定力に定評があり、レバレッジも最大888倍と高く、かつ最低入金額も5ドルからと初心者にもやさしい設定のため、2009年からの営業ですが日本では初心者から上級者までオールラウンドに知名度がある海外FX業者と言っても過言ではありません。「196か国で45万人を超えるトレーダーが利用」「1.5億円以上の取引が完全にリクオートなし、約定拒否なしで約定」と実績も海外FX業者の中では群を抜いていて、信頼性の高い海外FX業者と言えるでしょう、

「執行率100%、99.35%は1秒以下で執行」という約定力の高さ、と「数千ものコンテストが常に開催されているXMアリーナ」などの独自サービス、「日本語のウェブセミナーなどの充実した教育コンテンツ」に定評があり、多くの日本人が利用している海外FX業者です。

「執行率100%、99.35%は1秒以下で執行」という約定力の高さ、と「数千ものコンテストが常に開催されているXMアリーナ」などの独自サービス、「日本語のウェブセミナーなどの充実した教育コンテンツ」に定評があり、多くの日本人が利用している海外FX業者です。日本人スタッフも複数名いるため、安心して利用することができます。

キプロス証券取引委員会に認可を受けており、2万5千ユーロ(約250万円)までは信託保全もされるため、安心して利用できる海外FX業者と言えます。(キプロス口座の場合、セーシェル口座の場合は上限あり一部信託保全です。)

初心者から上級者まで、多くの方におすすめできる海外FX業者です。

XM(エックスエム)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

「米ドル/円(USD/JPY)」最小スプレッドランキング

海外FX口座米ドル/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)0.745
TitanFX0.860
LAND-FX0.997
AXIORY1.142
FBS1.154
BigBoss1.232
XM1.743
IFCMarkets1.800
IronFX1.891
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)2.121
海外FX口座米ドル/円
平均値1.369

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

LAND-FXの概要

LAND-FX_logo LAND-FXは、Land Prime Ltd社が運営している海外FX業者です。ニュージーランドに本社があり、世界13か国に支社を展開している比較的新しい海外FX業者です。2016年6月には金融ライセンスでも最も厳格な管理をしている英国FCAも取得しさらに注目が集まっています。

最大の特徴は「業界トップクラスの狭いスプレッド設定」と「0.035秒で約定と言う高い約定力」です。海外FX業者の中でもスプレッドの狭さには定評があり、約定力の高さもあるため、急速に人気が高まっているのです。

「リクオートなし、インターバンク直結のECN口座」や「コピートレードが可能なソーシャルトレードプラットフォームを持つ」など機能面でも、高いレベルを保持しています。また、英国FCAライセンスを取得したため、顧客資金取扱規定(CASS)が適用され実質的に顧客資産は信託保全されることになりました。安全性も高い海外FX業者と言えるでしょう。

デメリットは動画ニュースなどの教育系コンテンツが不足していることなどです。これは運営歴が浅い分力を入れきれていない部分と言えます。

とはいえ、新規口座開設のキャッシュバックやボーナスも用意し、高いレベルでの約定力と狭スプレッドがあることから、海外FXの経験者からも支持されている海外FX業者と言えます。

LAND-FX海外FXの口座開設はこちら

「ユーロ/円(EUR/JPY)」最小スプレッドランキング

海外FX口座ユーロ/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)0.843
TitanFX1.199
FBS1.242
AXIORY1.275
BigBoss1.467
LAND-FX1.840
IronFX2.038
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)2.391
IFCMarkets2.500
XM2.526
海外FX口座ユーロ/円
平均値1.732

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

FBSの概要

FBS_logoFBSは、FBS Markets Inc社/Parallax Incorporated社が運営している海外FX業者です。金融ライセンスとしては、FBS Markets Inc社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可を受けていますが、日本在住の日本人向けにはParallax Incorporated社がサービス提供しています。

2009年と比較的歴史の長い海外FX業者で、120以上の国でサービス展開し、500万人以上の投資家、年間5億ドルの取引をしているかなり規模が大きい海外FX業者です。投資家の継続率も80%を超えるなど、投資家からの評価も高くなっています。

大きな特徴は、最大レバレッジは3000倍、最低入金額は1ドルという「セント口座」から、最小スプレッド0.0pips~の「ゼロスプレッド口座」、取引手数料無料で米ドル/円最小スプレッド0.2pips~、平均スプレッド1.1pipsでトレードが可能なECN口座の「アンリミテッド口座」まで、幅広い口座を持ち、初心者から上級者まですべての層に合致したトレード環境を用意していることです。

さらに口座開設ボーナス5ドル、入金ボーナス100%、追加ボーナス100%という手厚いボーナスも人気の理由と言っていいでしょう。損失を補てんしてくれる無料保険という制度もあります

FBS海外FXの口座開設はこちら

「英ポンド/円(GBPJPY)」最小スプレッドランキング

海外FX口座ポンド/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)1.015
AXIORY1.405
BigBoss1.593
TitanFX1.761
LAND-FX2.073
FBS2.790
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)3.069
XM3.756
IronFX4.411
IFCMarkets5.500
海外FX口座ポンド/円
平均値2.737

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

BigBossの概要

BigBoss_logoBigBossは、Big Boss Holdings Company Limited社が運営している海外FX業者です。BigBossはニュージーランドに本社があり、元々はニュージーランドの金融ライセンス(NZFSP)に認可を受けてFXサービスを提供していましたが、NZFSPの締め付けが厳しくなり、日本人顧客へのサービス提供ができなくなったため、セントビンセント・グレナディーン(SVG)に子会社を作り、SVG/IBCのライセンスでサービス提供する形を取っています。

サービス面では「平均スプレッドが狭い設定」「豪ドル関連の通貨ペアで狭いスプレッドを実現」「高くて、安定した約定力」「複数の大手Liquidity Providersからレート配信を受ける」「金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンターを採用」「国内送金での入出金が可能」という特徴があります。

元々、定評があったのは高い約定力です。EQUINIX社データセンター、大手金融機関から直接プライスデータを受け取って、投資家に一番有利な価格を提供しているため、スプレッドも安定して狭い設計となっています。とくにニュージーランドの会社ですので、オセアニア地域の通貨ペアは他の海外FX業者と比較しても、狭い設定になっています。

入出金に関しては、国内銀行からのクイック入金が可能、ビットコイン入金にも対応、国内銀行への出金が可能と選択肢は広いのですが、一方で国内入金は5万円未満だと手数料1,000円、海外送金や国内銀行への出金の際は一律で20ドル(2,000円)の手数料が発生する等、やや入手金のコストが高いことがデメリットです。

高い約定力を期待する投資家、トレードする通貨ペアのスプレッドが他の海外FX業者よりも狭い場合には、おすすめできる海外FX業者となっています。

BigBoss海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」最小スプレッドランキング

海外FX口座米ドル/ユーロ
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)0.707
FBS0.749
TitanFX0.813
AXIORY1.038
LAND-FX1.061
BigBoss1.429
XM1.693
IFCMarkets1.800
IronFX1.921
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)2.073
海外FX口座米ドル/ユーロ
平均値1.328

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

FBSの概要

FBS_logoFBSは、FBS Markets Inc社/Parallax Incorporated社が運営している海外FX業者です。金融ライセンスとしては、FBS Markets Inc社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可を受けていますが、日本在住の日本人向けにはParallax Incorporated社がサービス提供しています。

2009年と比較的歴史の長い海外FX業者で、120以上の国でサービス展開し、500万人以上の投資家、年間5億ドルの取引をしているかなり規模が大きい海外FX業者です。投資家の継続率も80%を超えるなど、投資家からの評価も高くなっています。

大きな特徴は、最大レバレッジは3000倍、最低入金額は1ドルという「セント口座」から、最小スプレッド0.0pips~の「ゼロスプレッド口座」、取引手数料無料で米ドル/円最小スプレッド0.2pips~、平均スプレッド1.1pipsでトレードが可能なECN口座の「アンリミテッド口座」まで、幅広い口座を持ち、初心者から上級者まですべての層に合致したトレード環境を用意していることです。

さらに口座開設ボーナス5ドル、入金ボーナス100%、追加ボーナス100%という手厚いボーナスも人気の理由と言っていいでしょう。損失を補てんしてくれる無料保険という制度もあります

FBS海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

「豪ドル/円(AUD/JPY)」最小スプレッドランキング

海外FX口座豪ドル/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)0.948
BigBoss1.281
TitanFX1.343
AXIORY1.587
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)1.599
FBS2.020
LAND-FX2.418
XM2.981
IFCMarkets3.500
IronFX4.629
海外FX口座豪ドル/円
平均値2.231

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

BigBossの概要

BigBoss_logoBigBossは、Big Boss Holdings Company Limited社が運営している海外FX業者です。BigBossはニュージーランドに本社があり、元々はニュージーランドの金融ライセンス(NZFSP)に認可を受けてFXサービスを提供していましたが、NZFSPの締め付けが厳しくなり、日本人顧客へのサービス提供ができなくなったため、セントビンセント・グレナディーン(SVG)に子会社を作り、SVG/IBCのライセンスでサービス提供する形を取っています。

サービス面では「平均スプレッドが狭い設定」「豪ドル関連の通貨ペアで狭いスプレッドを実現」「高くて、安定した約定力」「複数の大手Liquidity Providersからレート配信を受ける」「金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンターを採用」「国内送金での入出金が可能」という特徴があります。

元々、定評があったのは高い約定力です。EQUINIX社データセンター、大手金融機関から直接プライスデータを受け取って、投資家に一番有利な価格を提供しているため、スプレッドも安定して狭い設計となっています。とくにニュージーランドの会社ですので、オセアニア地域の通貨ペアは他の海外FX業者と比較しても、狭い設定になっています。

入出金に関しては、国内銀行からのクイック入金が可能、ビットコイン入金にも対応、国内銀行への出金が可能と選択肢は広いのですが、一方で国内入金は5万円未満だと手数料1,000円、海外送金や国内銀行への出金の際は一律で20ドル(2,000円)の手数料が発生する等、やや入手金のコストが高いことがデメリットです。

高い約定力を期待する投資家、トレードする通貨ペアのスプレッドが他の海外FX業者よりも狭い場合には、おすすめできる海外FX業者となっています。

BigBoss海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

「米ドル/豪ドル「(AUD/USD)」最小スプレッドランキング

海外FX口座豪ドル/米ドル
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)0.951
TitanFX1.124
BigBoss1.220
AXIORY1.551
LAND-FX1.601
FBS1.643
XM1.838
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)1.961
IFCMarkets2.000
IronFX2.018
海外FX口座豪ドル/米ドル
平均値1.591

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

TitanFXの概要

TitanFX_logoTitanFX(タイタンエフエックス)は、バヌアツ共和国金融庁(VFSC)に許認可(金融商品及び証券等取扱ライセンス「CAP.70」)を受けている海外FX業者です。元々はニュージーランド証券投資委員会NZFSPに金融ライセンスがありましたが、金融庁の圧力によってニュージーランドの規制が厳しくなり、バヌアツに拠点を移しています。

TitanFXはECN口座に力を入れている海外FX業者です。ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンターにECNサーバーを持ち、通信速度の遅延(レーテンシー)を最小限に抑えることで、超高速で安定した取引が可能になっています。また、50以上の銀行およびリクイディティプロバイダーが提示した最良な価格で決済されるため有利な価格でのトレードが可能になっています。東京にもデータセンターがあり、日本の投資家のPCからも地理的レイテンシーを回避する環境を構築しています。

ECN口座はスプレッドも米ドル円で0.0pips~と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇り、ECN手数料も1ロット(10万通貨取引)で3.5ドルと業界最安の価格設定となっているのです。また、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開するなど情報の透明性にも力を入れている信頼性の高い海外FX業者です。

取引方法にも制限を設けていないため、両建て取引も、スキャルピングも可能になっています。

入金も三井住友銀行経由の国内送金が利用でき、国内銀行からの出金ができる珍しい海外FX業者です。顧客資産の保護も、分別管理のみですがNAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されているため、倒産時にも顧客資産が守られる信託保全に近い分別管理と言えます。

取引量が多くなる中級者から上級者、ECN口座を利用する方におすすめできる海外FX業者です。

TitanFX海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

BigBossの概要

BigBoss_logoBigBossは、Big Boss Holdings Company Limited社が運営している海外FX業者です。BigBossはニュージーランドに本社があり、元々はニュージーランドの金融ライセンス(NZFSP)に認可を受けてFXサービスを提供していましたが、NZFSPの締め付けが厳しくなり、日本人顧客へのサービス提供ができなくなったため、セントビンセント・グレナディーン(SVG)に子会社を作り、SVG/IBCのライセンスでサービス提供する形を取っています。

サービス面では「平均スプレッドが狭い設定」「豪ドル関連の通貨ペアで狭いスプレッドを実現」「高くて、安定した約定力」「複数の大手Liquidity Providersからレート配信を受ける」「金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンターを採用」「国内送金での入出金が可能」という特徴があります。

元々、定評があったのは高い約定力です。EQUINIX社データセンター、大手金融機関から直接プライスデータを受け取って、投資家に一番有利な価格を提供しているため、スプレッドも安定して狭い設計となっています。とくにニュージーランドの会社ですので、オセアニア地域の通貨ペアは他の海外FX業者と比較しても、狭い設定になっています。

入出金に関しては、国内銀行からのクイック入金が可能、ビットコイン入金にも対応、国内銀行への出金が可能と選択肢は広いのですが、一方で国内入金は5万円未満だと手数料1,000円、海外送金や国内銀行への出金の際は一律で20ドル(2,000円)の手数料が発生する等、やや入手金のコストが高いことがデメリットです。

高い約定力を期待する投資家、トレードする通貨ペアのスプレッドが他の海外FX業者よりも狭い場合には、おすすめできる海外FX業者となっています。

BigBoss海外FXの口座開設はこちら

「カナダドル/円(CAD/JPY)」最小スプレッドランキング

海外FX口座カナダドル/円
AXIORY_ECN(手数料スプレッド換算)1.001
BigBoss1.591
AXIORY1.635
FBS1.786
TitanFX1.815
XM_ZERO(手数料スプレッド換算)1.823
LAND-FX2.316
XM3.267
IFCMarkets3.500
IronFX4.360
海外FX口座カナダドル/円
平均値2.309

i_rank1_21

AXIORY(アキシオリー)の概要

AXIORY_logoAXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC (International Financial Services Commission Registration No.IFSC/60/255/TS/13) に許認可を受けている海外FX業者で、世界8か国に展開しています。

AXIORY(アキシオリー)は、スプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FX業者です。常にリアルタイムのスプレッドを提示し、最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを開示、提携している金融機関Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開していることからも、一番有利な価格で約定させることに力を入れてスプレッドの狭さ業界1位の実現に力を入れているのです。提携LPが多ければ多いほど、入札制での取引になるためスプレッドは狭くなるのです。

リクオート(約定拒否)もなく、ロンドンのデータセンターでのサーバーも大幅な遅延(レイテンシー)を低減するシステムにしており、約定力の高さを実現しています。

1ロット3ドルというECN口座の取引手数料は海外FX業者の中でもトップクラスの安さです。この手数料で0.0pipis~のECN口座が利用できることも大きな魅力と言えます。

また、顧客資産も全額信託保全という海外FX業者では珍しい安全性を担保しています。

ソーシャルトレードやボーナスなどのサービス面ではあまり期待できませんが、その分スプレッドの狭さと約定力に自信を持つ海外FX業者です。

取引量が多くなる中級者から上級者におすすめできる海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_22

BigBossの概要

BigBoss_logoBigBossは、Big Boss Holdings Company Limited社が運営している海外FX業者です。BigBossはニュージーランドに本社があり、元々はニュージーランドの金融ライセンス(NZFSP)に認可を受けてFXサービスを提供していましたが、NZFSPの締め付けが厳しくなり、日本人顧客へのサービス提供ができなくなったため、セントビンセント・グレナディーン(SVG)に子会社を作り、SVG/IBCのライセンスでサービス提供する形を取っています。

サービス面では「平均スプレッドが狭い設定」「豪ドル関連の通貨ペアで狭いスプレッドを実現」「高くて、安定した約定力」「複数の大手Liquidity Providersからレート配信を受ける」「金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンターを採用」「国内送金での入出金が可能」という特徴があります。

元々、定評があったのは高い約定力です。EQUINIX社データセンター、大手金融機関から直接プライスデータを受け取って、投資家に一番有利な価格を提供しているため、スプレッドも安定して狭い設計となっています。とくにニュージーランドの会社ですので、オセアニア地域の通貨ペアは他の海外FX業者と比較しても、狭い設定になっています。

入出金に関しては、国内銀行からのクイック入金が可能、ビットコイン入金にも対応、国内銀行への出金が可能と選択肢は広いのですが、一方で国内入金は5万円未満だと手数料1,000円、海外送金や国内銀行への出金の際は一律で20ドル(2,000円)の手数料が発生する等、やや入手金のコストが高いことがデメリットです。

高い約定力を期待する投資家、トレードする通貨ペアのスプレッドが他の海外FX業者よりも狭い場合には、おすすめできる海外FX業者となっています。

BigBoss海外FXの口座開設はこちら

i_rank1_23

FBSの概要

FBS_logoFBSは、FBS Markets Inc社/Parallax Incorporated社が運営している海外FX業者です。金融ライセンスとしては、FBS Markets Inc社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可を受けていますが、日本在住の日本人向けにはParallax Incorporated社がサービス提供しています。

2009年と比較的歴史の長い海外FX業者で、120以上の国でサービス展開し、500万人以上の投資家、年間5億ドルの取引をしているかなり規模が大きい海外FX業者です。投資家の継続率も80%を超えるなど、投資家からの評価も高くなっています。

大きな特徴は、最大レバレッジは3000倍、最低入金額は1ドルという「セント口座」から、最小スプレッド0.0pips~の「ゼロスプレッド口座」、取引手数料無料で米ドル/円最小スプレッド0.2pips~、平均スプレッド1.1pipsでトレードが可能なECN口座の「アンリミテッド口座」まで、幅広い口座を持ち、初心者から上級者まですべての層に合致したトレード環境を用意していることです。

さらに口座開設ボーナス5ドル、入金ボーナス100%、追加ボーナス100%という手厚いボーナスも人気の理由と言っていいでしょう。損失を補てんしてくれる無料保険という制度もあります

FBS海外FXの口座開設はこちら

Pocket