doctor3128_128XM(エックスエム)はサービスのひとつとして1日2回の「取引シグナル」を配信しています。今回はXM(エックスエム)の取引シグナルについて解説します。

XM(エックスエム)の取引シグナルとは

取引シグナルとは

FXのプロトレーダー、アナリストが為替相場の分析を行い、その結果としてのトレードタイミングを教えてくれるサービスのこと

を言います。日本のFXトレーダーでも、取引シグナルの配信を有料で行っている方は少なくありません。FXの素人でも、取引シグナルに従ってトレードをするだけでも、勝てる可能性がある有効なトレード方法のひとつなのです。

トレードをするだけではなく、プロトレーダー達が「どのようなシチュレーションでどう相場を判断するのか?」のノウハウを吸収することもできるので、FXトレードのスキルを上げたい方にもうってつけのサービスなのです。

XM(エックスエム)の取引シグナル

XM(エックスエム)では、口座保有者に対して無料で取引シグナルの配信を行っています。

シグナルの配信元は

Tradepedia社:Avramis Despotis氏

大手銀行や証券会社に所属しているトレーダーに研修やトレーニングを重ねているプロ中のプロです。

取引シグナル配信時間

月曜日~金曜日:16時、22時(日本時間)の1日2回配信

取引シグナル対象商品

EUR/USD、GBP/JPY、 USD/JPY、 GBP/USD、 EUR/JPY、 AUD/USD、 GOLD、DOW、NIKKEI、OIL

取引シグナル項目

トレンド、サポート&レジスタンス、エントリー、利益確定、損切りのシグナル

XM(エックスエム)の取引シグナルの取得方法

1.マイページにログインする

2.右下の「その他のサービス」にある「取引シグナル」をクリックする

xm_signal_17

3.トレードをする対象の商品を選択する

xm_signal_18

4.配信時間になっていないとき

下記が表示されます。

xm_signal_5

5.配信時間になっているとき

取引シグナルが表示されます。

JP-USDJPY-20160805-M-001

実際にPDFを見てみる

XM(エックスエム)の取引シグナルの見方

トレンドとその後の予測のチャート表示

xm_signal_19

取引シグナル表示

xm_signal_20

  • 現在のトレンド状況
  • サポートライン、レジスタンスライン
  • コメント
  • 取引が成立する可能性
  • エントリー、利益確定の価格

が表示されます。

XM(エックスエム)の取引シグナルの活用法

シグナルに従ってポジションを持ちます。

今回は一番上の60分足のチャートのポジションを参考にします。

2016年8月8日10時の取引シグナル

  • トレード時間:60分足、今後3日間
  • エントリー「買い」:101.65
  • 損切り: 100.85
  • 利益確定:102.00、102.70

となっていますので、「エントリー」「損切り」「利益確定」を設定したIFO注文をセットすれば良いのです。

実際の結果

2016年8月8日
xm_signal_23

101.65でエントリー → 102.00で利益確定

35pipsの儲け

ただし、利益確定を102.70に置いていた場合には、ギリギリ約定せず

となります。

XM(エックスエム)の取引シグナルのデメリット

取引時間が長い

一番短いものでも、60分足、今後3日間の予想をするものですから、スイングトレードに近いトレード方法になります。

「スキャルピングトレード、デイトレードでがんがん取引回数を増やしたい。」という方向けのものというよりは、働いている方などが「副業で時間のないなかプロレベルのトレードをしたい。」という方に向いているトレード手法と言えます。

ただし、考え方やテクニカル分析の仕方などは、スキャルピングトレード、デイトレードにも有効なものですので、自分でやるスキャルピングトレード、デイトレード、取引シグナルでやるスイングトレードと両方平行で動かしてみるのも一つの方法と言えます。

約定しないケースも多い

プロのトレーダーの戦略では、「もし、相場がこうなったら、その後はこうなる」というものが少なくないので、ポジションを持てないケース、取引が成立しないケースがかなり多くなります。

しかし、勝率を上げるためには「常にポジションを持ちたい」という気持ちに負けてはいけません。約定をしなくても我慢してシグナル通りにトレードをしましょう。

まとめ

XM(エックスエム)の取引シグナルはかなりの実績のあるプロトレーダーの戦略が無料で閲覧できるものです。

自分のトレードスタイルが確立されていない方は、取引シグナル通りのトレードを試してみて、自分のノウハウにつなげるという方法もおすすめです。

XM(エックスエム)