目次

Pocket

海外FX業者には国内FX業者にはないサービスがあります。その中の一つに「ソーシャルトレード(コピートレード)」というものがあります。日本国内のFX業者では、取り扱っているところは、1社、2社しかないレベルです。今回は、このソーシャルトレード(コピートレード)について解説します。

海外FXソーシャルトレード(コピートレード)とは?

ソーシャルトレードというのは、twitter、facebook、instagramのようなSNSの仕組みを用いて、トレードできるプラットフォームのことで

優秀なトレーダーを「フォロー(コピー)」することで、完全にその優秀なトレーダーと同じタイミングで注文ができるトレード手法のこと

を言います。

「フォロー(コピー)」されるトレーダーは運用成績を公開しているので、自分が「この人のトレードをコピーしたい。」と判断したら、フォローすれば、自分の口座で自動的にそのトレーダーの注文が同じタイミングで発生するのです。

「フォロー(コピー)」されるトレーダーのことを「ストラテジープロバイダー」と言います。

「でも、優秀なトレーダーと自分では証拠金の額が違うのでは?」

問題ございません。

  • 運用資産100万円の「ストラテジープロバイダー」が110.54円で1ロット(10万通貨)の買い

を入れた場合

「フォロー(コピー)」したトレーダーの運用資産が10万円だとしたら

  • 「フォロー(コピー)」したトレーダーは、110.54円で0.1ロット(1万通貨)の買い

が入ることになります。

「フォロー(コピー)」される注文は、資産割合に応じて決定される

ため、資産の多い少ないは関係ないのです。

公開される成績ってどんな情報があるの?

利用するソーシャルトレード(コピートレード)のプラットフォームによって、異なりますが、下記のようなものが「ストラテジープロバイダー」ごとに表示されます。

例:HotForex/HFコピー

インドネシア
SANGGA_LANGITさん

  • 運用開始:2018年8月1日
  • 利益:2875.9%
  • 最大ドローダウン:11.3%
  • フォロワー(コピーしている投資家):400人
  • 報酬:30%(利益の30%)

資産情報

  • 初期残高:500.0 USD
  • 出金額:2652.0 USD
  • 利益総額:3583.53 USD
  • 現在残高:1435.63 USD

取引情報

  • 取引回数:323回
  • 勝ち:286回
  • 負け:37回
  • 勝率:88.54%
  • 平均利益: 14.99 USD
  • 平均損失: -18.9 USD
  • 平均取引量:0.08
  • 平均取引期間:32H 11m 34s

どの情報を重要視するかというと・・・

  • 利益 → どのくらいの収益成果があるか?
  • 最大ドローダウン → 運用中のどのくらいの損失を許容できるか?
  • 取引回数 → 運用成績の精度が高いか?低い?
  • 勝率 → 負けにくいストラテジープロバイダーかどうか?

などを重視します。

何を重視してストラテジープロバイダーを選ぶかは、人によって異なりますが、おおむね上記の情報はチェックして比較検討しているはずです。

ソーシャルトレード(コピートレード)を使う場合の費用はどうなっているの?

利用するソーシャルトレード(コピートレード)のプラットフォームによって、異なりますが、前述したHotForex/HFコピーの場合は下記のように記載されています。

HotForex/HFコピーの手数料計算

フォロワーからストラテジープロバイダーに支払われるパフォーマンス手数料

ストラテジープロバイダーは、ストラテジープロバイダーアカウントの開設時に、最高50%(50パーセント)までのパフォーマンスフィーのパーセンテージを選択します。

フォロワーは、自分のポジティブなパフォーマンスに基づいて従うことを選択したストラテジープロバイダーにパフォーマンスフィーを支払う義務があります。つまり、マイナスのパフォーマンスの場合、ストラテジープロバイダーはパフォーマンスフィーを受け取らないものとします。

パフォーマンス料金は以下の式に従って計算されます。

フォロワーからストラテジープロバイダーに支払われるパフォーマンス手数料 = (フォロワーの利益 - フォロワーの損失) × ストラテジープロバイダーが選んだパフォーマンス料%

例A:

ストラテジープロバイダーAが選択したパフォーマンスフィーは20%

フォロワーAの利益= 1,000 USD
フォロワーA損失= 0 USD

(1,000 - 0) × 20% = フォロワーがストラテジープロバイダに支払う200 USD

例B:

ストラテジープロバイダーBが選択したパフォーマンスフィーは25%フォロワーBの利益= 1,000 USD
フォロワーBの損失= 500 USD

(1,000- 500)× 25% = 125 USDがフォロワーからストラテジープロバイダーに支払われる

例C:

ストラテジープロバイダーCが選んだパフォーマンスフィーは30%フォロワーCの利益= 1,000 USD
フォロワーCの損失= 1,200 USD

(1,000- 1,200)× 30% = -60 USD

したがって、マイナスのパフォーマンスに対して、フォロワーからストラテジープロバイダーに支払われる手数料はありません。

つまり、

  • ストラテジープロバイダーの報酬は、利益の0%~50%
  • ストラテジープロバイダーが決定した報酬率に、フォロワーが同意する形でコピーがはじまる
  • 利益がでない場合は、ストラテジープロバイダーに報酬は支払われない

ということを意味してます。

ストラテジープロバイダーは、利益がでなければ「ただ働き」になってしまうので、必死にトレードしてくれるのです。

日本の投資信託などの場合は、勝とうか負けようが必ず手数料が発生してしまいます。それと比較すれば、かなり誠実な報酬設計と言えます。

ソーシャルトレード(コピートレード)を利用できる海外FX業者

Traderstrust/ソーシャルトレーダー

ストラテジープロバイダー一覧

ストラテジープロバイダー運用成績

HotForex/HFコピー

ストラテジープロバイダー一覧

ストラテジープロバイダー運用成績

FBS/FBSコピートレード

ストラテジープロバイダー一覧

ストラテジープロバイダー運用成績

myfxbook/Autotrade

ストラテジープロバイダー一覧

ストラテジープロバイダー運用成績

myfxbookは、海外FX業者ではありませんが、ソーシャルトレード(コピートレード)のプラットフォームがあり、多くの海外FX業者がこれに相乗りする形で、ソーシャルトレード(コピートレード)が利用できるようになりっています。

MT4・MT5シグナル

ストラテジープロバイダー一覧

ストラテジープロバイダー運用成績

MT4・MT5にも、「シグナル」という機能があり、これを利用するとソーシャルトレード(コピートレード)が利用できるようになります。

海外FXのソーシャルトレード(コピートレード)とシステムトレードは何が違うの?

実は、ソーシャルトレード(コピートレード)とシステムトレードを比較することで、FXソーシャルトレード(コピートレード)のメリットが見えてきます。

システムトレードとは?

売買のタイミングをプログラミングで自動化するトレード手法のこと

ソーシャルトレード(コピートレード)とは?

優秀なトレーダーと同じタイミングでコピーすることで、トレードを自動化できるトレード手法のこと

です。

大きな違いは

  • システムトレード → 「機械」がトレードする
  • ソーシャルトレード → 「人」がトレードする

という点です。

システムトレードにも、優秀なストラテジーはたくさんあるのですが・・・

「機械」だからこそ

プレグジット、テロ、震災、リーマンショック、トランプ大統領就任・・・などの経済的なニュースの時は正常に機能しないのです。そのため、システムトレードの場合は、大きな経済ニュースがあるときは、「停止す7る」という運用が必要になるのです。

また、「機械」だからこそ、トレンドにはついていけません。

FXトレードの世界でも、ファッションのようなトレンドがあります。

通貨の売買は世界規模で起こるものですが、当然、時代時代に合わせて、人気の取引手法などが出てきます。人気の取引手法を利用する投資家が増えれば増えるほど、「勝ち方」も変わってくるのです。

昔、通用していたシステムトレードのストラテジーが未来にわたっても、通用するものではないのです。

ソーシャルトレード(コピートレード)は、「人」がトレードするものですから

テクニカル分析中心のトレーダーだとしても、大きなタイミングでのファンダメンタルズ分析はできます。つまり、経済ニュースに対して「取引を辞める」「経済ニュースを理解して取引をする」というのは、トレーダーの判断で、都度選択することができるのです。

また、FXトレードのトレンドにも、敏感に対応していくことができます。それどころか、通常であれば、トレーダーは、投資歴が長くなればなるほど、スキルは上がっていきます。運用成績も上がるのです。

ソーシャルトレード(コピートレード)の方が

  • 完全に放置でも、不測の事態に対応してくれる
  • 経済ニュースの意図を理解してトレードしてくれる
  • フォローしているトレーダー自体のスキルが年々上昇する

というメリットがあるのです。

筆者の見解では

システムトレードは、システムを運用するという手間、スキルが必要になるので、完全にお任せにはできないデメリットがありますが、ソーシャルトレード(コピートレード)であれば、優秀なストラテジープロバイダーを見つけさえすれば、十分に利益を出し続けてくれるトレード手法である

と考えます。

ソーシャルトレード(コピートレード)の注意点

注意点その1.少しの遅延は発生する

基本的には

ソーシャルトレード(コピートレード) = ストラテジープロバイダーの注文をコピーするもの

として認識されていますが

仕組みとしては

  1. ストラテジープロバイダーが注文する
  2. ストラテジープロバイダーの注文情報がストラテジープロバイダーのサーバーから、海外FX業者のサーバーに伝達する
  3. 海外FX業者のサーバーから、フォロワーのサーバーに注文の指示をする
  4. フォロワーのサーバーから海外FX業者のサーバーへ注文依頼が伝達される

形になっているので

情報の伝達で「遅延」が発生してしまうのです。

  • ストラテジープロバイダーのサーバー
  • 海外FX業者のサーバー
  • フォロワーのサーバー

の地理的な距離が大きければ大きいほど、この「遅延」は大きいものとなり、パフォーマンスに差が出てきてしまうのです。

対策としては

  • 海外FX業者のサーバーに近いサーバーでトレードできるVPSサーバーを利用する
  • 海外FX業者が運営しているソーシャルトレード(コピートレード)を利用する

という形が取れます。

 注意点その2.利用している海外FX業者が違うとパフォーマンスに差が出る

ソーシャルトレード(コピートレード)には

  1. 海外FX業者が運営しているもの
  2. システム会社などが運営しているもの

の2種類があります。

海外FX業者が運営しているもの

  • HotForex
  • FBS
  • TTCM

システム会社などが運営しているもの

  • MT4・MT5のメタトレーダー
  • myfxbook

などがあります。

つまり、

システム会社などが運営しているソーシャルトレード(コピートレード)の場合

スプレッドも
約定スピードも、

ストラテジープロバイダーとフォロワーは異なる状態でトレードしなければならない

ということを意味します。

スプレッドも、約定スピードも、異なる環境では、パフォーマンスも同じにならないのです。

これを回避するには

  • 海外FX業者が運営しているソーシャルトレード(コピートレード)を選ぶ

べきなのです。

海外FX業者が運営しているソーシャルトレード(コピートレード)おすすめランキング

HotForex/HFコピー

HotForexの概要

HotForex_logoHotForexは、HF Markets (SV) Ltd社が運営している海外FX業者です。HotForexは、キプロスに本社があり、セントビンセントおよびグレナディン諸島の金融ライセンスSVG/IBCのライセンスでサービス提供しています。2010年に設立され、50万口座以上の口座数を保有する比較的規模の大きい海外FX業者です。

サービス面では「8種類の口座が用意されている」「VIP口座はかなり狭いスプレッド設定」「最低入金額は5ドル(約500円)と少額」「レバレッジは最大1000倍」「固定スプレッド口座あり」「口座開設ボーナスあり」「入金ボーナスあり」「無料VPSあり」「監査法人デロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)を利用」「親会社はキプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンス保有」「500万ユーロを上限とする民事賠償保険に加入」という特徴があります。

スプレッドは、VIP口座であればかなり狭い設定ですが、VIP口座の場合は2万ドルの入金が必要になるので現実的には利用するハードルが高くなってしまいます。それ以外の口座の場合は、それほど狭いスプレッドとは言えません。また、日本円口座が作れないというデメリットもあります。

ただし、口座開設ボーナスがあること、最低5ドルから入金できること、教育コンテンツが充実していること、会社の信頼性は高いことから、初心者の方にはおすすめできる海外FX業者となっています。

HotForex海外FXの口座開設はこちら

FBS/FBSコピートレード

FBSの概要

FBS_logoFBSは、FBS Markets Inc社/Parallax Incorporated社が運営している海外FX業者です。金融ライセンスとしては、FBS Markets Inc社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可を受けていますが、日本在住の日本人向けにはParallax Incorporated社がサービス提供しています。

2009年と比較的歴史の長い海外FX業者で、120以上の国でサービス展開し、500万人以上の投資家、年間5億ドルの取引をしているかなり規模が大きい海外FX業者です。投資家の継続率も80%を超えるなど、投資家からの評価も高くなっています。

大きな特徴は、最大レバレッジは3000倍、最低入金額は1ドルという「セント口座」から、最小スプレッド0.0pips~の「ゼロスプレッド口座」、取引手数料無料で米ドル/円最小スプレッド0.2pips~、平均スプレッド1.1pipsでトレードが可能なECN口座の「アンリミテッド口座」まで、幅広い口座を持ち、初心者から上級者まですべての層に合致したトレード環境を用意していることです。

さらに口座開設ボーナス5ドル、入金ボーナス100%、追加ボーナス100%という手厚いボーナスも人気の理由と言っていいでしょう。損失を補てんしてくれる無料保険という制度もあります

FBS海外FXの口座開設はこちら

Traderstrust/ソーシャルトレーダー

Traderstrustの概要

Traderstrust_logoTraderstrustは、TTCM CAPITAL MARKETS LTD社が運営している海外FX業者です。キプロスに本社があり、キプロス証券取引所(CySEC)に認可を受けていましたがCySECの規制が厳しくなったため、バヌアツ共和国に運営会社を移管して日本人向けのサービスを提供しています。ヨーロッパ各国(英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、スウェーデン、オランダ、デンマーク、ハンガリー、ポーランド)の規制当局に登録されていて、元々CySECの基準でサービス提供をしていたので信頼性の高い海外FX業者と言って問題ありません。

最大の特徴は「信頼性の高さ」と「定評のあるマネージド・アカウント・プログラム(PAMM・MAM)」「40ミリ秒以内に取引の99.9 %が約定する約定力」です。スプレッドはそれほど狭くはありませんが、専門アナリストチームによるPAMMの運用に定評のある海外FX業者です。

マネージド・アカウント・プログラム(PAMM・MAM)では、5,000ドルから年間収益45%が狙えるダイナミック(ドローダウン: 最大35%)が利用できるので、マネージドアカウントとしては参加ハードルは低めに設定されています。

どちらかというとマネージド・アカウント・プログラム(PAMM・MAM)を利用するような投資家をターゲットにしているため、口座の種類はライブ口座一つしか用意していません。その分、情報公開や規制、情報ツール、セミナー、ウェブセミナー、コピートレーダーなどの充実に力を入れており、さらに「40ミリ秒以内に取引の99.9 %が約定する約定力」「最大2万ユーロまでの信託保全」など、中級者以上の投資家に好まれるサービス設計をしています。

初心者投資家向けのボーナスなどは用意していませんが、信頼性と専門性の高さでおすすめできる海外FX業者です。

Traderstrust海外FXの口座開設はこちら

まとめ

海外FXのソーシャルトレード(コピートレード)とは

優秀なトレーダーのトレードをコピーして、自動的に売買できるトレード手法のこと

を言います。

システムトレードと違って「人」がトレードするので

  • 完全に放置でも、不測の事態に対応してくれる
  • 経済ニュースの意図を理解してトレードしてくれる
  • フォローしているトレーダー自体のスキルが年々上昇する

というメリットがあるので

  • なかなか勝てないトレーダー
  • 初心者トレーダー
  • トレードの時間がとらないトレーダー

でも、高いレベルのトレードができるトレード手法なのです。ぜひ、少額からでも、一度試してみてはいかがでしょうか。

Pocket