Pocket

FXトレードで利益を出している方の多くは、FXトレードノートをつけています。今回は、海外FXでも活躍するオンライン版のFXトレードノートの使い方を解説します。

FXトレードノートの必要性

  • FXトレードノートをつけない → 負ける

というわけではありませんが

  • FXトレードノートをつけない → 過去のデータが残らない

ことになります。

データがなければ、トレードを毎回自分の中の「記憶」と、そのときの「感情」、「運」でトレードをすることになり、よほど強運の持ち主でない限り、資産は尽きてしまいます。「強運」の持ち主で、負けなかったとしても、資産を安定的に増やしていくことはできないでしょう。

それだけ、「過去のトレードの記録(データ)を残しておく」という行為は重要なのです。

FXトレードノートをつけると勝てる理由

理由その1.エントリー根拠を常に書くため、無根拠のエントリーがなくなる!

FXトレードノートには、エントリーのたびに「エントリー根拠」を記載することになります。

「なぜ、このタイミングでエントリーしたか?」

です。

「エントリー根拠を都度、書く」ことを想定すれば

「本当にこのタイミングでエントリーして良いのだろうか?」
「もともと、設定しているトレード手法のエントリータイミングと言えるのだろうか?」

と自問自答をすることになります。

結果として

  • 無駄なエントリー
  • 根拠が薄いエントリー
  • 感情に任せたエントリー

などが回避できるのです。

理由その2.負けた理由と勝った理由を検証することができる!

トレードには、当然ながら同じトレード手法でトレードをしたとしても

  • 勝ち
  • 負け

が発生します。

FXトレードノートを書くことで

「なぜ、勝ったのか?」
「なぜ、負けたのか?」

を考える時間ができます。

「勝った理由」「負けた理由」の積み重ねが、トレード手法の精度を高める材料となり、その結果として、自分なりの「オリジナルトレード手法」が構築されていくのです。

理由その3.適切な「損切」「利確」タイミングが見えてくる

トレードの結果をトレードノートに記載するときには、チャートを貼るので

「もう少し、損切を手前にしておけば良かった。」
「もう少し、利確を遅らせればもっと利益が取れたのに。」

ということが、日々繰り返されてデータとして、蓄積されていくことになります。

データが貯まれば貯まるほど

「適切な損切「ストップ注文」のラインはここだ。」
「このような状況なら利確はここまで引っ張れる。」

という適正値が定まって行きます。

結果として、「損失が小さくなり、利益が大きくなる」ため、一回のトレードの収益性が上がるのです。

理由その4.トレード手法ごとの損益でABテストができる

今回、紹介するFXトレードノートでは

  1. トレード手法Aのトレード成績
  2. トレード手法Bのトレード成績
  3. トレード手法Cのトレード成績

という形で、採用したトレード手法ごとに運用成績を分けることができます。

同じ回数のトレードを行った場合に

  1. トレード手法Aの1回のトレード損益:+10.5pips
  2. トレード手法Bの1回のトレード損益:+6.4pips
  3. トレード手法Cの1回のトレード損益:-2.3pips

となれば、

採用すべきトレード手法は「A」ということが判別できるのです。

理由その5.目標と予算組みで資産管理ができる

FXトレードでは

  • 目標値
  • 予算

というのが重要になります。

トレードで大負けしたからと言って、熱くなって、いつもの5倍、10倍のトレードをしてしまっては、すぐに投資資金が底を尽いてしまいます。

FXトレードノートであれば

  • 現時点の目標達成率
  • 現時点の予算消化率

を見ることができるので、当初設定したマネーマネジメントの戦略の中で、トレードをすることが可能になります。

理由その6.上記の検証を繰り返して、自分の勝ちパターンが生まれる

上記のような検証を繰り返すことで、一番損益が上がりやすい自分なりのトレード手法が出来上がってきます。

一つでも、勝ちパターンができれば、安定した収益が見込めるのです。

オンラインのFXトレードノートをすすめる理由

FXトレードノートは、「ノート」というぐらいですから、アナログのノートに記載するスタイルの方も少なくありません。

しかし、今回おすすめするのは「オンライン版のトレードノート」です。

なぜ、オンラインのFXトレードノートをおすすめするかというと・・・

  • スマホでキャプチャしたチャートをそのまま添付できる
  • 検索できるため、過去のトレードデータを引っ張りやすい
  • トレード手法ごとに損益を管理・比較することができる
  • 期間ごとに損益を管理・比較することができる
  • トレード成績を計算する必要がない
  • 文字を書くことよりも、文字を打つ方が早い

というものがあります。

アナログだからこそ、「書く」という行為で「考える」時間が与えられるんだ。

というメリットもあるかと思いますが、それ以上に

  • ノートをつける時間が大幅に短縮できる
  • トレードの分析がしやすい

メリットの方が大きいと筆者は考えます。

「オンライン版のトレードノート」をおすすめします。

おすすめする「オンライン版FXトレードノート」

機能

  • トレード手法登録
  • トレード登録
  • 期間別レポート
  • トレード別レポート
  • レポートの対比表示
  • 検索機能(注目、通貨ペア、フリーワード)
  • 設定(資産、1ロットあたりの通貨数)

があります。

オンライン版トレードノートはこちら

初期設定

  • 資産額
  • 1ロットあたりの通貨数(1000通貨、10,000通貨、100,000通貨)
  • トレード中(未決済トレード)の色
  • 勝ちトレードの色
  • 負けトレードの色
  • 分けトレードの色

の登録が可能です。

海外FXの場合は

  • 一般的な口座 → 1ロット = 100,000通貨
  • マイクロ口座・ミニマム口座 → 1ロット = 1,000通貨

国内FXの場合は

  • 一般的な口座 → 1ロット = 10,000通貨
  • ミニ口座 → 1ロット = 1,000通貨

ですので、利用する口座によって、1ロットあたりの通貨数を設定します。

トレード手法登録

トレード手法を設定し、トレード手法ごとに損益を管理することができます。

トレード手法の設定画面では

  • タイトル
  • テクニカル指標
  • 時間足
  • 通貨ペア
  • エントリールール
  • エントリー回避ルール
  • 損切ルール
  • 利確ルール
  • その他の注意点
  • 参考画像

を登録することができます。

トレード管理

トレードを登録して、検索、損益レポートに反映することができます。

エントリー情報

  • 通貨ペア(必須)
  • ロット数(必須)
  • 採用したトレード手法(必須)
  • 売買区分(必須)
  • エントリー日時(必須)
  • エントリー価格(必須)
  • 利確目標
  • 損切ライン
  • エントリー根拠
  • エントリー時の画面1
  • エントリー時の画面2
  • エントリー時の画面3

決済情報

  • 決済日時(決済情報を入力するときは必須)
  • 決済価格(決済情報を入力するときは必須)
  • 損益(円)(決済情報を入力するときは必須)
  • 損益(pips)
  • 決済根拠
  • 決済時の画面1
  • 決済時の画面2
  • 決済時の画面3

考察・レビュー

  • タイトル
  • 内容

を記載することができます。

グラフ表示

トレードから自動計算された損益推移を表示することが可能です。

  • 期間ごとの対比
  • トレード手法ごとの対比

が可能になります。

レポート表示

トレード手法のデータを統合して、損益を管理することができます。

  • 資産総額
  • 総損益
  • 利益
  • 平均利益
  • 損失
  • 平均損失
  • 期待利益
  • 総取引回数
  • 総取引量
  • 平均取引量
  • 勝率
  • 買いポジション(勝率)
  • 売りポジション(勝率)
  • 勝ちトレード
  • 負けトレード
  • 分けトレード
  • 平均保有期間
オンライン版トレードノートはこちら

無料ですので、ぜひ、一度試してみることをおすすめします。