mt4_logo海外FXの定番トレードプラットフォーム「MT4」のダウンロード・インストール方法を解説します。

MT4には色々な種類がある

MT4には色々な種類があります。

XM(エックスエム)の場合

mt4_xm_install_1

PC / MAC

PC対応MT4
Mac対応MT4
MT4ウェブトレーダー

スマートフォン

iPhone対応MT4
Android対応MT4

タブレット

iPad対応MT4
Androidタブレット対応MT4

と7種類のMT4が用意されています。

これに加えてMT5を用意している海外FX業者もあります。

種類によって使い方やインストール方法が異なります。

PC対応MT4
Mac対応MT4

パソコンにインストールして利用するタイプのMT4です。ソフトウェアをダウンロードして、パソコンにインストールすることでMT4を起動し、トレードを行います。

MT4ウェブトレーダー

ウェブ上でトレードをする形のMT4です。パソコンにインストールする必要はなく、指定のウェブサイトにログインすることでブラウザ上でトレードをすることができるMT4です。インストール型のMT4に比べれば搭載機能が少ないデメリットがありますが、PCが手元にないときにも、トレードできるメリットがあります。

iPhone対応MT4
iPad対応MT4
Android対応MT4
Androidタブレット対応MT4

スマホやアプリを「App Store」「Android Market」でインストールする形のMT4です。こちらもインストール型のMT4に比べれば機能は絞られていますが、外出時でも簡単にMT4が利用できるメリットがあります。

PC対応MT4のインストール方法を解説

XM(エックスエム)の場合 ※他の海外FX業者もほとんど同じフローです。

ウェブサイトのMT4ダウンロードのページに行きます。

mt4_xm_install_2

ダウンロードします。

ダウンロードしたセットアップ用の「.exe」ファイルをクリックするとインストールが始まります。

mt4_xm_install_3

同意にチェックして「次へ」をクリックします。

mt4_xm_install_4

ファイルのダウンロードがはじまります。完了したら「完了」をクリックします。

mt4_xm_install_5

デスクトップに「XM」のアイコンが生成されているので、ダブルクリックします。

mt4_xm_install_6

このような画面が表示されます。

mt4_xm_install_7

この時点ではログインしていないので右下は「回線不通」となっています。

mt4_xm_install_8

口座開設時に送られてきたメールで自分の口座のサーバーを確認します。

mt4_xm_install_10

私の場合は「XMTrading-Real 12」ですから、「XMTrading-Real 12」を選択します。

mt4_xm_install_12

「既存のアカウント」を選択肢、同じように口座開設時のメールに記載されているIDと自分で設定したパスワードを入力し、「完了」をクリックします。

mt4_xm_install_13

ログインが完了し、右下の「回線不通」だった部分が数字になれば、MT4のインストールが終了したことになります。

mt4_xm_install_14

MT4の最上部の表示もログインが上手くできていれば「口座ID:サーバー」が表示されているはずです。

mt4_xm_install_15

MT4のダウンロード・インストール時の注意点

口座開設時の情報を忘れないようにしましょう!

MT4では、インストール時に必ず

  1. 口座ID
  2. サーバー
  3. パスワード

の3つの情報が必要になります。

サーバー情報を忘れてしまう方も多いのですが、XM(エックスエム)の場合はマイページへログインすればサーバー情報も表示されているので問題はないでしょう。

まとめ

ここで説明したのはXM(エックスエム)でのMT4のダウンロード・インストール方法でしたが

他の海外FX業者でも
MT5でも
Mac用PC

でも、微妙な手順の違いはあるかもしれませんが、ほとんど同じです。

不明な場合は海外FX業者のサポートに連絡して確認すれば、丁寧に教えてもらうことが可能です。チャット質問はリアルタイムに質問できるので、MT4でわからないことなどの質問方法としては非常に便利なのでおすすめします。

XM(エックスエム)