Pocket

「海外FXでレバレッジを比較するポイントを教えてください。」
「ハイレバレッジトレードができるおすすめ海外FX業者はどこですか?」
「レバレッジで海外FX業者を選ぶ注意点はありますか?」

海外FXをレバレッジで比較するときは、何をポイントに比較する必要があるのでしょうか?今回は、今回は、海外FXのレバレッジ比較のポイントとハイレバレッジトレードができるおすすめ海外FX業者を紹介します。

海外FXのレバレッジのおさらい

日本国内で営業している国内FX業者のレバレッジは、レバレッジ規制によって

  • 個人 → レバレッジ最大25倍
  • 法人 → レバレッジ40倍~50倍(変動制を採用)

という設定になっています。

また、最近では、金融庁がさらに強いレバレッジ規制(レバレッジ最大10倍)が導入されるのではとニュースになったこともあります。

日本国内で営業する国内FX業者の場合は、金融庁の作るルール「 金融商品取引業等に関する内閣府令」によって、規制されてしまうのです。

海外FX業者の場合は、営業する会社が海外(外国)にあるため、その国の金融監督庁のルールに従う必要があります。

これが米国や英国などの場合は、日本と同様にレバレッジ規制が導入されているのですが、多くの海外FX業者の場合は、キプロス、ニュージーランド、セーシェルなどマイナーな国に会社を設立して営業しているため、「レバレッジ規制はない」国が多いのです。

結果として

海外FX業者の場合は

  • 個人 → レバレッジ制限なし(海外FX業者が決める上限が最大値)
  • 法人 → レバレッジ制限なし(海外FX業者が決める上限が最大値)

となるのです。

海外FXでは、海外FX業者が決めるレバレッジ上限が、レバレッジの最大値となるのです。

海外FXのレバレッジ比較のコツ

コツその1.レバレッジの大きさよりも、最大許容損失額で比較するべき

レバレッジが大きいことのメリットは

  1. レバレッジが大きい海外FX業者の方が、小さい証拠金でも大きなポジションを持てる
  2. レバレッジが大きい海外FX業者の方が、同じ証拠金の場合、ロスカットを回避しやすい

の2点が挙げられます。

ここで注目すべきなのは「最大許容損失額」です。

最大許容損失額とは

ロスカットされるまでいくら負けられるか?の金額のこと

を言います。

計算方法は

取引証拠金 = 為替レート × 取引量 ÷ レバレッジ
最大許容損失額 = 資産 - 証拠金維持率 × 取引証拠金

です。

国内FX業者で1万通貨の米ドル/円のポジションを持った場合の最大許容損失額

試算条件
  • 資産:10万円
  • 保有ポジション:米ドル/円
  • 1ドル = 100円
  • 取引量 = 1万円
  • 国内FX業者の最大レバレッジ:25倍
  • 証拠金維持率:100%(国内FX業者の相場)
試算
  • 取引証拠金 = 100円 × 1万通貨 ÷ 25倍 = 4万円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 証拠金維持率:100% × 取引証拠金:4万円 = 6万円
10万円の資産で、1万通貨の米ドル/円のポジションを持った場合、6万円の含み損が出た段階でポジションは強制ロスカットされます。

レバレッジ最大500倍の海外FX業者で1万通貨の米ドル/円のポジションを持った場合の最大許容損失額

試算条件
  • 資産:10万円
  • 保有ポジション:米ドル/円
  • 1ドル = 100円
  • 取引量 = 1万通貨
  • 国内FX業者の最大レバレッジ:500倍
  • 証拠金維持率:50%(海外FX業者の相場)
試算
  • 取引証拠金 = 100円 × 1万通貨 ÷ 500倍 = 2,000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 証拠金維持率:50% × 取引証拠金:2,000円 = 9万9,000円
10万円の資産で、1万通貨の米ドル/円のポジションを持った場合、9万9,000円の含み損が出た段階でポジションは強制ロスカットされます。
つまり、レバレッジが大きければ大きいほど、限りなく多くのポジションを持つことができ、多くの損失を許容する(ギリギリまで資産を有効活用できる)のです。

為替レートは、基本的には上下に推移するものです。「ロスカットされなければ、元に戻っていた」ということも少なくありません。「最大許容損失額」が大きければ大きいほど、損失を回避できる可能性が高まるのです。

「最大許容損失額」は、「最大レバレッジ」と「ロスカットレベル」によって決まってきます。

海外FX業者のレバレッジを比較するときは、「最大レバレッジ」と「ロスカットレベル」の両方を比較する(「最大許容損失額」を比較する)べきなのです。

コツその2.「レバレッジの大きさ」よりも、「スプレッドの狭さ」や「約定力の高さ」の方が重要

前述した通りで「最大許容損失額」を計算してみると

1万通貨のポジションを持つ場合

  • 資産:10万円
  • 保有ポジション:米ドル/円
  • 1ドル = 100円
  • 取引量 = 1万通貨
  • 証拠金維持率:50%(海外FX業者の相場)
最大レバレッジ200倍の海外FX業者
  • 取引証拠金 = 100円 × 1万通貨 ÷ 200倍 = 5,000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 証拠金維持率:50% × 取引証拠金:5,000円 = 9万7,500円
最大レバレッジ500倍の海外FX業者
  • 取引証拠金 = 100円 × 1万通貨 ÷ 500倍 = 2,000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 証拠金維持率:50% × 取引証拠金:2,000円 = 9万9,000円
最大レバレッジ1,000倍の海外FX業者
  • 取引証拠金 = 100円 × 1万通貨 ÷ 1,000倍 = 1,000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 証拠金維持率:50% × 取引証拠金:1,000円 = 9万9,500円

となります。

  • 国内FX業者 → 最大許容損失額:6万円
  • 最大レバレッジ200倍の海外FX業者 → 最大許容損失額:9万7,500円
  • 最大レバレッジ500倍の海外FX業者 → 最大許容損失額:9万9,000円
  • 最大レバレッジ1,000倍の海外FX業者 → 最大許容損失額:9万9,500円

です。

たしかにレバレッジが大きい海外FX業者の方が最大許容損失額は高いのですが、資金10万円で1万通貨のポジションを持つぐらいの取引であれば、数百円~数千円の違いしかないのです。

このぐらいのロットで取引するのであれば、国内FX業者のレバレッジ25倍では話になりませんが、海外FX業者の最低基準200倍以上あれば、大きな差はないのです。

だとすれば、「レバレッジの大きさ」よりも、「スプレッドの狭さ」や「約定力の高さ」を重視して、海外FX業者を比較する方が良いのです。

ただし、持つポジションが大きくなる場合は、「レバレッジの大きさの影響」も大きくなります。

10万通貨のポジションを持つ場合

  • 資産:10万円
  • 保有ポジション:米ドル/円
  • 1ドル = 100円
  • 取引量 = 10万通貨
  • 証拠金維持率:50%(海外FX業者の相場)
最大レバレッジ200倍の海外FX業者
  • 取引証拠金 = 100円 × 10万通貨 ÷ 200倍 = 50,000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 証拠金維持率:50% × 取引証拠金:50,000円 = 7万5,000円
最大レバレッジ500倍の海外FX業者
  • 取引証拠金 = 100円 × 10万通貨 ÷ 500倍 = 20,000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 証拠金維持率:50% × 取引証拠金:20,000円 = 9万円
最大レバレッジ1,000倍の海外FX業者
  • 取引証拠金 = 100円 × 10万通貨 ÷ 1,000倍 = 10,000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 証拠金維持率:50% × 取引証拠金:10,000円 = 9万5,000円

となります。

  • 国内FX業者 → 取引不可
  • 最大レバレッジ200倍の海外FX業者 → 最大許容損失額:7万5,000円
  • 最大レバレッジ500倍の海外FX業者 → 最大許容損失額:9万円
  • 最大レバレッジ1,000倍の海外FX業者 → 最大許容損失額:9万5,000円
大きめのポジションを持って、トレードする方の場合は「レバレッジの大きさ」も重要な比較すべきポイントになるのです。

コツその3.入金ボーナスを利用すれば、実質的なレバレッジが大きくなる

入金ボーナスとは

資金を入金すると、その入金額の○倍のボーナスが付与されること

を言います。

一般的には入金ボーナスは

  • 証拠金として利用できる
  • 出金できない(証拠金として利用して得た利益は出金できる)
  • リアルマネーの証拠金がなくなってから使える

という特徴があります。

100%入金ボーナスを利用している海外FX業者の場合は

10万円入金すると、10万円のボーナスが付与されるため、10万円負けても、まだ資金が10万円残り、これでトレードして得た利益は出金できます。

当然、ボーナス証拠金が尽きるまではロスカットもされないため、「最大許容損失額」で考えれば、実質レバレッジが2倍になっているようなものです。

レバレッジが大きい海外FX業者を選ぶときには、「入金ボーナス」がある海外FX業者を選んだ方が、より「許容損失額」が大きくなり、多くのポジションを持てるのでおすすめです。

海外FXのレバレッジの注意点

海外FX業者のレバレッジには、注意点があります。

  • 口座ごとにレバレッジ設定が異なる海外FX業者もある
  • 資産ごとにレバレッジ設定が異なる海外FX業者もある
  • 制限付き(口座数など)の海外FX業者もある

点です。

口座ごとにレバレッジ設定が異なる海外FX業者もある

レバレッジ設定というのは

  • 【初心者向け】マイクロ口座、ミニマム口座、ビギナー口座 → レバレッジが高い
  • 【中級者向け】スタンダード口座、ライブ口座 → レバレッジが普通
  • 【上級者向け】プロ口座、VIP口座、ゼロスプレッド口座 → レバレッジが低い

形になっています。

上級者向けの口座ほど、投資資金が高額になる投資家が多く、レバレッジが大きすぎると追証の損失を補填する海外FX業者は、リスクになってしまうため、レバレッジを抑えているのです。

資産ごとにレバレッジ設定が異なる海外FX業者もある

  • 通常時は、最大レバレッジ500倍
  • 資産200万円以上は、最大レバレッジ200倍

と、資産によって最大レバレッジの上限を下げている海外FX業者も少なくありません。

これも同様で、資産額が大きい投資家ほど、投資資金が高額になる投資家が多く、レバレッジが大きすぎると追証の損失を自社で補填する海外FX業者は、リスクになってしまうため、レバレッジを抑えているのです。

制限付き(口座数など)の海外FX業者もある

営業・宣伝目的で「300口座までは、最大レバレッジ5,000倍」というような特殊な口座をキャンペーン的に作る海外FX業者もあります。

あくまでも宣伝用ですので、すべての投資家にこのレバレッジ基準を提供すると、海外FX業者は大きなリスクを負うことになってしまうため、口座数の上限付きになっているのです。

レバレッジでおすすめの海外FX業者

1位.XMTrading

比較項目内容
最大レバレッジ888倍
レバレッジ条件200万円超で200倍、1,000万円超で100倍
ロスカットレベル(証拠金維持率)20%
入金ボーナスあり
口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料5ドル
最小スプレッド
米ドル/円
1.501.500.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.601.600.10
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
最低取引通貨10通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額500円相当500円相当1万円相当
公式サイトはこちら

2位.GEMFOREX

比較項目内容
最大レバレッジ1,000倍
レバレッジ条件
ロスカットレベル(証拠金維持率)20%
入金ボーナス不定期であり
口座の種類オールインワン口座/STPノースプレッド口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
1.200.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.200.30
最大レバレッジ1000倍1000倍
最低取引通貨1,000通貨100,000通貨
最低入金額100円相当30万円相当
公式サイトはこちら

3位.FBS

比較項目内容
最大レバレッジ3,000倍
レバレッジ条件口座によって最大500倍、最大1,000倍
ロスカットレベル(証拠金維持率)20%
入金ボーナスあり
口座の種類セント口座/STPマイクロ口座/STPスタンダード口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
2.003.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
2.003.002.00
最大レバレッジ1000倍3000倍3000倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額100円相当500円相当1万円相当
公式サイトはこちら

4位.HotForex

比較項目内容
最大レバレッジ1,000倍
レバレッジ条件口座によって最大500倍
ロスカットレベル(証拠金維持率)20%
入金ボーナスあり
口座の種類マイクロ口座/STPプレミアム口座/STPZERO口座/STPAUTO口座/STPHFCOPY口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料3ドル無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
1.001.000.001.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.701.700.201.701.70
最大レバレッジ1000倍500倍500倍500倍400倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨10,000通貨
最低入金額500円相当1万円相当2万円相当2万円相当5万円相当
公式サイトはこちら

5位.IS6FX

比較項目内容
最大レバレッジ1,000倍
レバレッジ条件口座によって100倍~1,000倍。2万ドル以下は、1,000倍
ロスカットレベル(証拠金維持率)50%
入金ボーナスあり
口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
2.001.60
平均スプレッド
米ドル/円
2.001.60
最大レバレッジ1000倍(~2万ドル)
500倍(2万ドル~)
1000倍(~2万ドル)
500倍(2万ドル~)
最低取引通貨50通貨1,000通貨
最低入金額100円相当100円相当
公式サイトはこちら

まとめ

海外FX業者をレバレッジで比較するときには

  • 最大許容損失額で比較する(証拠金維持率も比較条件)
  • どのくらいの取引をするかでレバレッジの重要性は変わってくる
  • 入金ボーナスがある海外FX業者がおすすめ

という点を覚えておきましょう。

レバレッジが大きければ大きいほど、最大許容損失額が大きくなり、少ない証拠金でも多くのポジションを持つことが可能です。しかし、レバレッジが大きくなればなるほど、資産を失ってしまう可能性が高まるのも事実です。

筆者の考えでは、国内FX業者のレバレッジでは話になりませんが、海外FX業者であれば、どの口座でも、200倍以上のレバレッジはあるので、それほどレバレッジに固執する必要性は薄いと考えます。「レバレッジの大きさ」よりも、「スプレッドの狭さ」「約定力の高さ」「トレードツール」「信託保全・信頼性」で海外FX業者を比較するべきです。
Pocket