Pocket

「海外FX業者の無料VPSサーバーって何ですか?」
「海外FX業者のVPSサーバーを使うと、どんなメリットがありますか?」
「海外FX業者の無料VPSサーバーが使えない場合は、どうすれば良いでしょか?」

海外FX業者によっては、無料でVPSサーバーを提供している業者があります。今回は、約定スピードを上げるVPSサーバーの重要性と無料でVPSサーバーを提供している海外FX業者を利用条件とともに比較して紹介します。

VPSサーバーとは?

VPSサーバーとは

VPS(Virtual Private Server)のことで、日本語で直訳すると「仮想専用サーバー」になります。

1台の物理的なサーバーの中に複数台の仮想サーバーを構築し、利用者ごとに複数台のOS(Windows等)が利用できる状態のサーバーのことを言います。

簡単に言えば

サーバー会社のサーバーの中に自分のパソコンが作られているイメージです。

VPSサーバーにID/PASSを入力してログインすると、Windowsが起動する状態になり、自分のパソコンと同じようにソフトをインストールして使うことができるのです。

FXトレードでVPSサーバーを使う理由

VPSサーバーは、サーバー会社の管理しているサーバーの中に作られているため、24時間365日稼働し続けます。

自動売買などを行う投資家にとっては、自宅のパソコンでトレードしていると、サーバーがフリーズしてしまったり、電気代がかかったりして、24時間365日稼働し続けさせることは、かなり難しいのですが

VPSサーバーであれば、24時間365日稼働しており、スマホからでもID/PASSを入れてログインすれば、いつでも、どこでも、トレード状況を確認できます。

自動売買や自宅以外でトレードをする機会が多い投資家にとっては、自宅のパソコンを使うよりも、サーバー会社が管理してくれるVPSサーバー(仮想のパソコン)でトレードした方が安定してトレードができるメリットがあるのです。

VPSサーバーも、Windowsが立ち上がって普通のパソコンのように使えるので、MT4・MT5(メタトレーダー)などをインストールして、トレードすることが可能です。

海外FXでのVPSサーバーの重要性

前述したように国内FX業者を利用している投資家がVPSサーバーを利用する理由は

  • 24時間365日稼働できる
  • サーバー会社が管理してくれる
  • 電気代などが不要
  • いつでもログインすることでトレードや取引状況の確認ができる
  • どこからでもログインすることでトレードや取引状況の確認ができる

というものが挙げられます。だからこそ、自動売買などのトレードスタイルの投資家には都合が良いのです。

しかし、海外FX業者のVPSサーバーには、、上記異常に重要な「VPSサーバーを使う理由」が存在します。

結論から言えば

海外FX業者のVPSサーバーを使うと約定スピードが速くなる

ということです。

なぜ、海外FX業者のVPSサーバーを使うと約定スピードが速くなるのかを説明します。

海外FX業者の約定スピードは遅い!

海外FX業者で日本国内の自宅パソコンからトレードした場合には

日本の自宅PCで「注文」 → 海外FX業者の取引サーバーで注文を受ける → 海外のインターバンク市場の取引サーバーで注文を実行する → 海外FX業者の取引サーバーで約定処理 → 日本の自宅PCへ「約定」通知

というような流れで注文情報が伝達されます。

多くの海外FX業者の場合は、ニューヨークにサーバーを持ち、インターバンクのサーバーも同じくニューヨークにあるので

日本 → NY → NY → NY → 日本

という流れになるのです。

インターネットは、いくら光の速さで情報が伝達されるとはいえ、日本とニューヨークには物理的な距離が1万キロ以上あるのですから、コンマ何秒の遅れができてしまうのです。

これを地理的レイテンシー(遅延)と言います。

地理的レイテンシーがあると、約定スピードは下記のような遅延が発生します。

地理的レイテンシー

  • 東京 → ニューヨーク 200ミリ秒(0.2秒)
  • 東京 → シドニー 200ミリ秒(0.2秒)
  • 東京 → ムンバイ 200ミリ秒(0.2秒)
  • 東京 → ニューヨーク 200ミリ秒(0.2秒)
  • 東京 → ジャカルタ 100ミリ秒(0.1秒)
  • 東京 → シンガポール 100ミリ秒(0.1秒)
  • 東京 → バンコク 100ミリ秒(0.1秒)
  • 東京 → 北京 100ミリ秒(0.1秒)
  • 東京 → 上海 50ミリ秒(0.05秒)
  • 東京 → ソウル 50ミリ秒(0.05秒)
  • 東京 → 台北 50ミリ秒(0.05秒)

つまり、

日本 → NYの間で、片道200ミリ秒、往復400ミリ秒の遅延が発生することを意味するのです。

そのため、日本の国内FX業者でトレードするのと、海外FX業者でトレードするのでは、海外FX業者の方が約定スピードが遅くなってしまうのです。

これを解決するのが「海外FX業者の提供するVPSサーバー」です。

海外FX業者のVPSサーバーは、海外FX業者の取引サーバーと同じサーバー会社に用意されます。

ニューヨークにサーバーの拠点がある海外FX業者の場合

  • VPSサーバー:ニューヨーク
  • 取引サーバー:ニューヨーク
  • インターバンクサーバー:ニューヨーク

となるため

物理的な距離がほとんどなく、地理的レイテンシーが発生しないのです。

ロンドンにサーバーの拠点がある海外FX業者の場合

  • VPSサーバー:ロンドン
  • 取引サーバー:ロンドン
  • インターバンクサーバー:ロンドン

となるため、こちらも地理的レイテンシーが発生しないのです。

地理的レイテンシーが発生しなければ、約定スピードが200~300ミリ秒は速くなるのです。

FXトレードでは、スプレッドも重要ですが、注文してから約定までのスピードも重要な要素となります。注文から約定までに時間がかかりすぎれば、トレードの状況が変わってしまうため、トレード戦略が崩れてしまうからです。

プロの投資家であればあるほど、スプレッド以上に約定力・約定スピードにこだわってトレードするものです。

だからこそ

約定スピードを速くする「海外FX業者のVPSサーバー」は、海外FXトレードをする投資家にとって、検討すべき要素となっているのです。

海外FX業者のVPSサーバーには、無料のものがある!

海外FX業者が提供するVPSサーバーは

条件付きで無料

のものが少なくありません。

XMTrading「XMTrading VPS」

口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料5ドル
最小スプレッド
米ドル/円
1.501.500.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.601.600.10
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
最低取引通貨10通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額500円相当500円相当1万円相当
公式サイトはこちら

ロンドンのXMTradingの利用するデータセンターからわずか1.5kmのところに位置するバーチャルプライベートサーバー(VPS)が利用できます。

費用

最低(有効証拠金 – クレジットにて)USD 5,000もしくはその他の通貨相当額が口座にあり、一か月に最低5往復ロットもしくは500往復マイクロロットのお取引があるお客様は、会員ページからいつでも無料のVPSをお申込みいただけます。

上記の要因を満たさないお客様も、会員ページからXMTrading VPSにお申込みいただければ、毎月1日に MT4/MT5口座から自動的に引き落とされる28ドルのご負担で同サービスをご利用いただけます。

  • 5,000ドル(約50万円)以上の口座残高
  • 月5ロット以上の取引

→ 無料

  • 上記の条件がクリアできない方

→ 月額28ドル

GEMFOREX「VPS無料サービス」

口座の種類オールインワン口座/STPノースプレッド口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
1.200.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.200.30
最大レバレッジ1000倍1000倍
最低取引通貨1,000通貨100,000通貨
最低入金額100円相当30万円相当
公式サイトはこちら

GEMFOREXはFXシステムトレーダーを応援するべくオリジナルMT4 VPSサービスを無料提供しております。GEMFOREXのVPS無料サービスをお申込み頂ければ、VPS内にMT4を設置させて頂いた上でのご提供となりますので、設置する面倒は一切ございません。ぜひご検討ください!

費用

最低口座残高:500,000円(5,000USD)以上

※ボーナス額は含まれません。
※VPS無料サービスのご利用にあたり、同じメールアドレスでご登録された他の取引口座も合算して計算致します。
※当サービスの利用条件は、毎月6日12時(非営業日の場合は翌営業日)に処理させて頂きます。
※上記の条件を満たさないお客様でも、月々$28の手数料でGemForex MT4 VPS サービスをお申込み頂けます。円建て口座の場合、当日のレートにて円換算となります。

  • 5,000ドル(約50万円)以上の口座残高

→ 無料

  • 上記の条件がクリアできない方

→ 月額28ドル

FBS「VPSサービス」

口座の種類セント口座/STPマイクロ口座/STPスタンダード口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
2.003.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
2.003.002.00
最大レバレッジ1000倍3000倍3000倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額100円相当500円相当1万円相当
公式サイトはこちら

450ドル以上を入金して1ヵ月以内に3ロット以上取引してください。毎月少なくとも3ロット(セント口座の場合、1ロット= 0.01標準ロット)を取引する場合、VPSを無料で使用し続けます。

費用

3ロット以上取引しない場合、翌月にFBSは33ドルを請求します。利用料金は、サーバーの設定で指定された口座から差し引かれます。指定された口座に資金が足りなかった場合、FBSは他の既存の口座から33ドルを引き出す権利を留保します。

  • 450ドル(約4.5万円)以上の口座残高
  • 月3ロット以上の取引

→ 無料

  • 上記の条件がクリアできない方

→ 月額33ドル

IronFX「VPSサーバー」

口座の種類変動ライブスプレッドマイクロ口座/DD変動ライブスプレッドプレミアム口座/DD変動ライブスプレッドVIP口座/DD
取引手数料
(片道)
無料無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
0.800.400.20
平均スプレッド
米ドル/円
0.90
最大レバレッジ500倍500倍500倍
最低取引通貨1,000通貨10,000通貨10,000通貨
最低入金額5万円相当25万円相当200万円相当
公式サイトはこちら

費用

For a new Client to be eligible to obtain a FREE MT4 VPS service, the Client should deposit a minimum of USD 5,000 or equivalent in total in his trading account(s). An existing Client to be eligible to obtain a FREE MT4 VPS service should maintain a combined balance of USD 5,000 or equivalent in his trading account(s).

6. For a Client to be able to continue receiving the MT4 VPS service for FREE, the Client should meet the following criteria:
a. Maintain a combined balance of USD 5,000 or equivalent in his trading account(s) on the last calendar day of every month; and
b. Complete a minimum monthly trading volume of at least 5 lots.

  • 5,000ドル(約50万円)以上の口座残高
  • 月5ロット以上の取引

→ 無料

  • 上記の条件がクリアできない方

→ 月額30ドル

VPSサーバーを提供していない海外FX業者の場合はどうすれば良いの?

VPSサーバーを提供している海外FX業者は、前述したような数社しかいません。

また、スプレッドや取引ツールなど、別の要素でVPSサーバーを提供していない海外FX業者を使いたい場合もあります。

このようなVPSサーバーを提供していない海外FX業者の場合はどうすれば良いのでしょうか。

東京サーバーを利用している海外FX業者を選ぶ

という解決方法があります。

東京サーバーを利用している海外FX業者とは?

海外FX業者の中には、取引サーバーを「東京」に設定している業者があります。

東京に取引サーバーがあれば、VPSサーバーを使わなくても

  • VPSサーバー:東京
  • 取引サーバー:東京
  • インターバンクサーバー:東京

という形になるので、地理的レイテンシーが発生しないのです。

東京サーバーを利用している海外FX業者を利用すれば、約定スピードが速い状態でトレードできるのです。

東京サーバーは、EQUINIX(エクイニクス社)のTY3東京 IBX データセンターを利用している海外FX業者がほとんどです。東京都江東区にあるので、約定スピードが速いのです。

東京サーバーを利用している海外FX業者

AXIORY

口座の種類スタンダード口座/MT4/STPナノスプレッド口座/MT4/ECNスタンダード口座/cTrader/STPナノスプレッド口座/cTrader/ECN
取引手数料
(片道)
無料3ドル無料3ドル
最小スプレッド
米ドル/円
1.100.101.100.10
平均スプレッド
米ドル/円
1.600.601.600.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当2万円相当2万円相当
公式サイトはこちら

TitanFX

口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
最小スプレッド
米ドル/円
1.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
最大レバレッジ500倍500倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当
公式サイトはこちら

日本のサーバー会社のVPSサーバーではダメなの?

ダメです。

日本のサーバー会社も、VPSサーバー(リモートデスクトップ)をFXトレード用にサービス提供しています。

しかし、海外FXトレードをする場合には、海外FX業者の取引サーバーが海外になってしまうので

  • VPSサーバー:日本
  • 取引サーバー:ニューヨーク、ロンドン
  • インターバンクサーバー:日本

意味がないのです。

海外FX業者の中には、日本のVPSサーバーの割引を行っている業者もありますが、この形は意味がないので注意が必要です。

Titan FX特典付きVPS

VPSを使用して取引を行いたいんだけど、どのVPSを選んだらいいのかお悩みではないですか?現在、数多くのプロバイダーがVPSサービスを提供しており、VPSのスペックやプランも多様化しています。Titan FXでは、「お名前.comデスクトップクラウド」と、「使えるねっとFX専用VPS」を推奨しております。

まとめ

VPSサーバーとは

  • リモートで利用できるデスクトップのパソコンのこと

を意味します。

海外FXの場合は、海外FX業者の取引サーバーと日本人投資家の日本の自宅パソコンの間に地理的レイテンシー(遅延)が発生し、約定スピードが遅くなってしまうデメリットがあります。

海外FX業者のVPSサーバーを利用すれば、この地理的レイテンシーが発生しないため、約定スピードが速くなるのです。約定スピードを重視する投資家に、海外FX業者の提供するVPSサーバーをおすすめします。また、東京サーバーを利用している海外FX業者も、地理的レイテンシーが発生しないのでおすすめです。

Pocket