海外FXのスリッページを比較する!スリッページの狭い海外FX業者はここ!

  • 「海外FX業者のスリッページってどうやって比較することができるの?」
  • 「スリッページが発生しにくい海外FX業者って、どこですか?」
  • 「海外FX業者のスリッページを調べたいんだけど・・・」

FXトレードでは、スリッページは重要な要素となります。今回は、海外FXのスリッページを比較する方法、スリッページの狭い海外FX業者について解説します。

FXトレードにおけるスリッページの重要性

FXのスリッページとは?

スリッページ(slippage)は、「注文したときの価格」と「約定したときの価格」の価格差のこと

を言います。

1ドル=101.05円で「買い」注文をしたのにも関わらず、実際に注文が約定したときは1ドル=101.10円になっているケースの場合、0.05円高い価格で約定されてしまうことになります、この時は、0.05円(5pips)のずれがあるので、これが「スリッページ」となるのです。「スリッページ」が発生することを「滑る(すべる)」という表現をすることもあります。

当然、注文しようとした価格から、高い方にスベってしまったら、その分のコストは、投資家の負担となってしまうのです。

FX業者を比較するときに、どうしても多くの方は「スプレッド」に目が行ってしまうと思いますが・・・

  • スプレッド = 買値と売値の価格差
  • スリッページ = 注文価格と約定価格の価格差

という明確な違いがあります。

しかし、実際のトレードコストを算出する際に重要なのは

「スプレッド(取引手数料含む)」 + 「スリッページ」 = 「トレードコスト」

なのです。

なぜ、FX業者のスリッページは発生するの?

FX業者というのは、基本的に

投資家が注文を発注する → FX業者の取引サーバーで注文を受注する → FX業者がリクイディティプロバイダー(金融機関・カバー先)に注文を流す → FX業者がリクイディティプロバイダー(金融機関・カバー先)が注文を受けとり、約定する → FX業者の取引サーバーで注文の約定を受け取る → 投資家の注文が約定する

といういくつかのステップを踏みます。

  • 取引サーバーの能力が低い
  • 取引サーバーと投資家のサーバーに距離がある
  • 注文の流し先であるリクイディティプロバイダー(金融機関・カバー先)の数が少ない
  • 注文が殺到してしまう(急激な為替変動)

などの原因によって、注文が約定するまでにコンマ数秒の遅延が発生するのです。このコンマ数秒の時間の間に、為替レートが動いてしまうので、その動いた分がスリッページとなってしまうのです。

どんなに「スプレッド」が狭くても、「スリッページ」が多く発生してしまう約定力の低い海外FX業者では、トレードコストが高くついてしまうのです。

スリッページを避けるためには、約定力の高い海外FX業者を選ぶ必要があります。

約定力の高い海外FX業者はこちら

「スリッページ」が問題なのは「スプレッド」と違って「どのくらい滑るのか?」がよくわかならないということです。「スプレッド」であれば、平均スプレッドを計算することによって、変動スプレッドであっても実際のスプレッドを算出・想定することが可能です。しかし、「スリッページ」はどんなに約定スピードが早いと言われていても、「どのくらい滑るのか?」を把握・想定することが難しいのです。多くの投資家は、実際にFX業者に口座開設をしてトレードをしながら「この業者はすべりやすいな。」「この口座はスリッページが起こりやすいな」という体感で判断するしかない状態なのです。

では、どうやって海外FX業者のスリッページを比較すれば良いのでしょうか?

今回ご紹介するのは、海外の海外FX業者の比較サイト「FOREXBROKERZ」です。

forexbrokerz_logo

FOREXBROKERZ

「FOREXBROKERZ」では海外FX業者ごとに「どのくらいスリッページが発生するのか?」をデータを蓄積したうえで平均値を算出し、比較しているのです。このサイトではZuluTradeというソーシャルトレードのトレードデータをサンプルにしてスリッページの平均値を算出しています。

もちろん、このサイトは海外のサイトであり、日本在住の日本人の新規口座開設を受け付けていない、日本市場に進出していない海外FX業者が半数以上あるのですが、日本に進出している海外FX業者もいくつかスリッページのデータが公開されているのです。

海外FX業者スリッページ比較表

※日本進出していない海外FX業者も含まれています。

slippage_hikaku_main

日本に進出している海外FX業者スリッページのみを抜粋

※当サイトで紹介していない日本に進出している海外FX業者も含まれています。

slippage_hikaku

考察

3社がダントツの狭いスリッページを記録

  • XM(エックスエム) : 0.55
  • HotForex:0.55
  • FXDD :0.51

日本に進出していない海外FX業者を含めて比較しても、上位3社はトップレベルのスリッページの狭さを記録しています。

海外FXで約定力を重視する方、スリッページによるトレードコストを下げたい方は、上記の3社でトレードすることをおすすめします。

XM(エックスエム)の詳細はこちら

HotForexの詳細はこちら

FXDDの詳細はこちら

ただし、上記のデータは若干古いのです。なぜなら、データの配信元である「FOREXBROKERZ」がスリッページの公開を2018年で止めているからです。

そうなると、選択肢は絞らてきます。

一つは、スリッページを公開している海外FX業者を使う方法です。

AXIORYは、スリッページを毎月公開しています。

スリッページを公開しているということは、スリッページが発生しにくいことに自信があることに他なりません。

スリッページが発生しにくい海外FX業者として、AXIORYはおすすめです。

また、この公開情報からわかることが

約定スピードが180ミリ秒を超えてくると、スリッページが発生しやすくなる

ということです。

逆に言えば、約定スピードが速い海外FX業者を使えば、スリッページが発生しにくいということでもあるのです。スリッページを回避するためには、約定スピードの速い海外FX業者がおすすめということです。

海外FX業者の本当の約定スピードを定点観測データで比較

また、VPSサーバーを利用することで、約定スピードを上げることも可能ですので、検討することをおすすめします。

海外FX業者の無料VPSサーバー比較。約定スピードを上げるVPSサーバーの重要性

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です