目次

Pocket

「海外FX業者のコピートレードって何ですか?」
「海外FX業者のソーシャルトレードって何ですか?」
「コピートレードが使えるおすすめの海外FX業者はどこですか?」
「コピートレードを活用する方法を教えてください。」

海外FX業者によっては、コピートレード(ソーシャルトレード)を提供している業者があります。今回は、ピートレード(ソーシャルトレード)の仕組みとコピートレードが使えるおすすめの海外FX業者を比較して紹介します。

海外FXのコピートレードとは?

コピートレードとは

プロの投資家のトレード(ストラテジープロバイダー)をそのままコピーして、自動でトレードができる仕組みのこと

を言います。「ソーシャルトレード」や「オートトレード」という呼び方もされます。

例えば

ストラテジープロバイダーが5,000ドルの資産でトレードをしていた場合に

ストラテジープロバイダー 資産:5,000ドル

  • 投資家A 資産:400ドル 配分率:100%
  • 投資家B 資産:400ドル 配分率:50%
  • 投資家C 資産:10,000ドル 配分率:100%

配分率とは、資産のどのぐらいをそのストラテジープロバイダーに賭けるか?の割合のことです。資産のすべてを一人のストラテジープロバイダーに配分することもできますし、10人のストラテジープロバイダーに10%ずつ配分することもできます。

ストラテジープロバイダーが1ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持った場合

  • 投資家A 資産:400ドル 配分率:100% → 0.08ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ
  • 投資家B 資産:400ドル 配分率:50% → 0.04ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ
  • 投資家C 資産:10,000ドル 配分率:100% → 2ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ

ストラテジープロバイダーが0.5ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持った場合

  • 投資家A 資産:400ドル 配分率:100% → 0.04ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ
  • 投資家B 資産:400ドル 配分率:50% → 0.02ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ
  • 投資家C 資産:10,000ドル 配分率:100% → 1ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ

ストラテジープロバイダーが0.1ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持った場合

  • 投資家A 資産:400ドル 配分率:100% → 0.01ロット(最低ロット)の米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ
  • 投資家B 資産:400ドル 配分率:50% → 0.01ロット(最低ロット)の米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ
  • 投資家C 資産:10,000ドル 配分率:100% → 0.2ロットの米ドル/円:105.53の買いポジションを持つ

という形で、ストラテジープロバイダーとの資産割合に応じて、ストラテジープロバイダーのトレードをそのままコピーして、自動的にトレードをすることが可能になります。

ストラテジープロバイダーとは?

ストラテジープロバイダーは、文字通りコピーする対象となる投資家のことです。

海外FX業者の簡単な審査によって、どの投資家も、ストラテジープロバイダーになることもできます。

「ストラテジープロバイダーはどうやって選ぶの?」

コピートレードプラットフォームでは、各ストラテジープロバイダーの運用成績が記載されています。

例 HotForex HPコピー

  • 活動開始日
  • 利益率
  • 最大ドローダウン
  • フォロワー数
  • パフォーマンス手数料

  • エクイティ対残高
  • 残高
  • エクイティ
  • 初回入金
  • 合計入金
  • 合計出金
  • 利益

  • 確定取引数
  • 未確定取引数
  • 利益確定取引数
  • 損失確定取引
  • 収益性
  • 利益平均
  • 損失平均
  • 取引数量平均
  • 取引期間平均

多かれ少なかれ、上記のようなストラテジープロバイダーの運用成績に関する情報が各コピートレードプラットフォームで記載されます。

この運用成績を比較しながら、自分が乗っかりたいと考えるストラテジープロバイダーを探すのです。

コピートレードプラットフォームを利用する費用は?

コピートレードプラットフォームによって、違いはありますが、基本的には

利益 × 手数料率 = ストラテジープロバイダーに支払う手数料

という仕組みになっています。

基本的には、利益が出たときのみ、手数料が発生する形になります。損失が出たときは、手数料が発生しません。

手数料は、ストラテジープロバイダーがすべて一律のコピートレードプラットフォームもあれば、ストラテジープロバイダー自体が自分で決めることができるコピートレードプラットフォームもあります。

手数料率:35%のストラテジープロバイダー

  • 1,000ドルの利益 → 350ドルの手数料
  • 200ドルの利益 → 70ドルの手数料
  • 1,000ドルの損失 → 手数料なし
  • 200ドルの損失 → 手数料なし

手数料率:25%のストラテジープロバイダー

  • 1,000ドルの利益 → 250ドルの手数料
  • 200ドルの利益 → 50ドルの手数料
  • 1,000ドルの損失 → 手数料なし
  • 200ドルの損失 → 手数料なし

手数料率:20%のストラテジープロバイダー

  • 1,000ドルの利益 → 200ドルの手数料
  • 200ドルの利益 → 40ドルの手数料
  • 1,000ドルの損失 → 手数料なし
  • 200ドルの損失 → 手数料なし

また、上記以外に「スプレッド」「取引手数料」は、通常のトレードと同様に発生します。

コピートレード(ソーシャルトレード・オートトレード)を利用するメリット

メリットその1.プロレベルのトレードを初心者でも実行できる

ストラテジープロバイダーは、投資に自信がある方がほとんどです。投資が下手なストラテジープロバイダーは、運用成績に結果が出てきてしまうため、誰からもフォロー・コピーされないため、いても上位に出てこないのです。

運用成績で選択できるのですから、確実に自分の資産を増やし続けているストラテジープロバイダーを選べば、プロレベルのトレードが、FX初心者でも簡単にできるのです。

メリットその2.自動的にトレードできる

裁量トレードの場合は、どうしても、平日1日2時間~3時間は、パソコンとにらめっこしながら、エントリー機会をうかがわなければなりません。

専業の投資家ならまだしも

  • 学生
  • 主婦
  • 会社員

の場合は、なかなか安定した時間が確保できずに、トレードができない方も少なくないのです。

トレードの時間が十分に確保できない方にも、コピートレードは有効な解決方法になります。

資金を入金して、コピーするストラテジープロバイダーを選定すれば、後は、運用成績をチェックするだけで良いのです。

運用成績のチェックは、スマホで、どこでもできます。

完全に自動で売買できる点が大きなメリットです。

「システムトレードでも自動売買できると思いますが何が違いますか?」

システムトレードの場合は、機械的なプログラムによるトレードです。

そのため、

  • 時代によって、そのプログラムが有効に機能しなくなる「賞味期限」がある
  • 経済的な動向に弱い

という弱点がありました。

しかし、コピートレードの場合は、ストラテジープロバイダーも人間です。

  • 常にトレード手法も時代に合わせてアップデートされるため「賞味期限」がない
  • 経済的な動向もトレードに反映させられる

のです。

優秀なストラテジープロバイダーさえ見つけられれば、後は、何もすることがないのです。

システムトレードによる自動売買よりも、コピートレードによる自動売買の方が「メンテナンスの必要性がない」という大きなメリットがあります。

メリットその3.スキルアップにつながる

優秀なストラテジープロバイダーをコピーして、「どんなタイミングでトレードするのか?」をウォッチしておけば、そのトレード手法やトレードの傾向、タイミングを把握することができます。

頭の中まではわからないものの、トレードのコツなどを推察することができるのです。

儲けているストラテジープロバイダーの手のうちの一端を知ることができるのですから、自分のトレードスキルを伸ばすことにつながるのです。

コピートレード(ソーシャルトレード・オートトレード)を利用するデメリット

デメリットその1.コストがかかる

コピートレードでは、ストラテジープロバイダーに支払う報酬が発生します。

前述した通りで

利益 × 手数料率 = ストラテジープロバイダーに支払う手数料

ですので、利益が出たときのみに支払うものですが、自分でトレードしたときには発生しないコストです。

コピートレードは、ストラテジープロバイダーに運用してもらっているようなものですので、その分のコストが発生するデメリットがあるのです。

デメリットその2.利用できる海外FX業者が限られる

コピートレードができる海外FX業者は、決して多くはありません。

コピートレードをするために選ぶ海外FX業者は、数が限られてしまう(現在利用している海外FX業者ではコピートレードができない)デメリットがあります。

コピートレードで海外FX業者を比較するポイント

1.ストラテジープロバイダーの数が多い海外FX業者を選ぶ

コピートレードプラットフォームの仕組み自体は大きな違いはありません。

しかし、コピートレードプラットフォームに参加しているストラテジープロバイダーの数は大きく差が出てきます。

  • 数十人のストラテジープロバイダーのコピートレードプラットフォーム
  • 数百人のストラテジープロバイダーのコピートレードプラットフォーム
  • 1万人のストラテジープロバイダーのコピートレードプラットフォーム

では、あきらかに選択肢の数が異なります。

ストラテジープロバイダーの数が多ければ多いほど、優秀なストラテジープロバイダーが見つかる可能性も高くなるのです。

ストラテジープロバイダーの数が大きい、コピートレードプラットフォームをおすすめします。

2.海外FX業者独自で運営するコピートレードプラットフォームか?コピートレードプラットフォーム専用サービスか?

コピートレードプラットフォームには

  • 海外FX業者が独自で運営するコピートレードプラットフォーム
  • コピートレードプラットフォーム専用サービスを海外FX業者が利用させてもらうケース

の2つがあります。

海外FX業者が独自で運営するコピートレードプラットフォーム

メリット

  • 一つの海外FX業者の口座で、裁量トレードも、コピートレードも完結できる

デメリット

  • ストラテジープロバイダーの数が少ない
コピートレードプラットフォーム専用サービスを海外FX業者が利用させてもらうケース

メリット

  • ストラテジープロバイダーの数が多き
  • コピートレードに関するツールや機能が充実してる

デメリット

  • 2つの口座を連携させるなど、運用面で手間がある

どちらにもメリットデメリットがありますが「コピートレードプラットフォーム専用サービスを海外FX業者が利用させてもらうケース」の方が、ストラテジープロバイダーの数が段違いに多いため、優秀なストラテジープロバイダーを見つけやすく、かつ・コピートレードに関するツールや機能が充実してるため、おすすめです。

多少の口座連携などの手間はありますが、大きな手間とは言えません。

海外FX業者が提携して利用できる「コピートレードプラットフォーム専用サービス」を選ぶことをおすすめします。

コピートレード(ソーシャルトレード・オートトレード)専用サービス

海外FX業者が独自でコピートレードプラットフォームを運営しているケースもありますが、コピートレードプラットフォーム専用で運営しているサービスを、海外FX業者が使えるようにしてもらっているケースもあります。

この場合、独自のコピートレードプラットフォームよりも、参加者(ストラテジープロバイダー)が多いメリットがあります。

Zulu Trade

  • 名称:DupliTrade
  • 10,000人以上

Zulu Tradeはこちら

Zulu Tradeを利用できる海外FX業者

TitanFX
口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
最小スプレッド
米ドル/円
1.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
最大レバレッジ500倍500倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当
公式サイトはこちら
FXDD
口座の種類スタンダード口座/STPプレミアム口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料2.99ドル
(4.99ドル)
最小スプレッド
米ドル/円
1.800.20
平均スプレッド
米ドル/円
2.641.24
最大レバレッジ500倍500倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2.5万円相当10万円相当
公式サイトはこちら

コピートレード(ソーシャルトレード・オートトレード)が使えるおすすめの海外FX業者

HotForex「HPコピー」

  • 名称:HPコピー
  • ストラテジープロバイダー数:660人
口座の種類マイクロ口座/STPプレミアム口座/STPZERO口座/STPAUTO口座/STPHFCOPY口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料3ドル無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
1.001.000.001.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.701.700.201.701.70
最大レバレッジ1000倍500倍500倍500倍400倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨10,000通貨
最低入金額500円相当1万円相当2万円相当2万円相当5万円相当
公式サイトはこちら

FBS「FBS CopyTrade」

  • 名称:FBS CopyTrade
  • ストラテジープロバイダー数:200人以上

口座の種類セント口座/STPマイクロ口座/STPスタンダード口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料無料
最小スプレッド
米ドル/円
2.003.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
2.003.002.00
最大レバレッジ1000倍3000倍3000倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額100円相当500円相当1万円相当
公式サイトはこちら

Traderstrust「ソーシャル・トレーダー」

  • 名称:ソーシャル・トレーダー
  • ストラテジープロバイダー数:13人
口座の種類クラシック座/STPプロ口座/STPVIP口座/STP
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル1.5ドル
最小スプレッド
米ドル/円
1.400.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
2.00
最大レバレッジ500倍500倍200倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額5千円相当2万円相当200万円相当
公式サイトはこちら

VANTAGEFX「DupliTrade」

  • 名称:DupliTrade
  • ストラテジープロバイダー数:10人

この海外FX業者は、日本人顧客向けのサービス提供を停止しています。

他の海外FX業者を探してください。

海外FX業者ランキングTOP10

口座の種類スタンダード口座/STPRAW口座/ECNプロ口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3ドル2ドル
最小スプレッド
米ドル/円
0.200.200.20
平均スプレッド
米ドル/円
1.500.300.30
最大レバレッジ500倍500倍500倍
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円5万円200万円
公式サイトはこちら
Pocket