Pocket

「海外FXっていったい何?」
「海外FXとは、どんなFXサービスですか?」
「海外FXと国内FXの違いは何ですか?」

近年、多くの投資家が海外FXをはじめています。では、海外FXとは何なのでしょうか、外FXのメリットデメリット、国内FXの違いまで丁寧に解説します。

海外FXとは?

海外FXとは

海外・外国に運営会社があるFX業者のFXサービスを利用してトレードすること

を言います。

  • 海外FX:海外・外国に運営会社があるFX業者のFXサービス
  • 国内FX:日本に運営会社があるFX業者のFXサービス

厳密に言えば、金融監督庁(日本では金融庁)などに登録して、金融ライセンスを付与されることでFX業者は、その国でのサービス提供ができる権限を持つのですが

  • 海外FX:海外・外国の金融ライセンスを持って運営しているFX業者のFXサービス
  • 国内FX:日本の金融ライセンスを持って運営しているFX業者のFXサービス

と言い換えられます。

外国に本社があっても、日本法人を作って、金融庁の金融ライセンスを持って営業しているFX業者は、国内FX業者に分類されます。

OANDAJAPAN、サクソバンク証券、IG証券などがこれにあたります。

海外FXの仕組み

海外FX業者も、国内FX業者も、基本的なサービスは同じです。

外国為替・通貨を売買するトレードサービスを提供しています。

国が違っても、通貨の価値は同じですから

日本のFX会社で、米ドル/円を1万通貨(1枚)ポジションを持つのも、
海外のFX会社で、米ドル/円を1万通貨(1枚)ポジションを持つのも、

変わりはないのです。

そもそも、FXトレードでは、世界各国の取引市場を転々としながら、24時間トレードができる環境を作っています。

  1. ウェリントン
  2. シドニー
  3. 東京
  4. 香港
  5. シンガポール
  6. フランクフルト
  7. ロンドン
  8. ニューヨーク

を、24時順繰りに回っているのです。

日本のFX会社でも、海外のFX会社でも、同じ時間帯、同じ市場での取引ですので、サービスに違いが出てくるものではないのです。

なぜ、日本国内のFX業者ではなく、海外のFX業者を使うの?

「サービスが同じなら、なんで国内FX業者でなくて、海外FX業者を使う必要があるの?」

当然、全く同じサービスであれば、海外FX業者をあえて使う理由はありません。

大きな理由があるのです。

それは「レバレッジ規制」です。

レバレッジ規制

レバレッジ規制とは
日本の金融監督庁である金融庁が導入した、「顧客保護」「FX会社のリスク管理」「過当投機の防止」を目的としたレバレッジの規制です。
  1. 以前 100倍、200倍、400倍と規制なしの状態
  2. 2010年 最大50倍へ規制
  3. 2011年 最大25倍へ規制(現行規制)
  4. 2017年 最大10倍への議論開始

と、現状は

個人投資家 最大レバレッジ:25倍
法人投資家 レバレッジは変動制(40倍~50倍)

というレバレッジ規制が採用されているのです。

日本の金融庁に登録しているFX業者を利用すると、最大でもレバレッジは25倍に抑えられてしまうのです。

海外FX業者は、日本の金融庁のレバレッジ規制の影響を受けず、運営会社がある国の金融監督庁の監督下にします。

レバレッジ規制を導入していない金融ライセンスを持つ海外FX業者の場合は、レバレッジは自由に設定できるので

海外FX業者のレバレッジは

  • 400倍~500倍が相場
  • 3000倍が最大

となっているのです。

レバレッジに差がある影響

  • 国内FX業者:最大25倍
  • 海外FX業者:最大3,000倍

ということが、FXトレードでは大きな影響を及ぼすのです。

影響その1.持てるポジションの枚数、量が変わってくる

国内FX業者の場合

  • ロスカットレベル:100%
  • レバレッジ:25倍(証拠金維持率4.0%)
  • 証拠金額:10万円
  • 為替:1ドル=100円

持てるポジションの最大値 = 10万円 × 25倍 = 250万円分(2.5万ドル:0.25ロット)

海外FX業者の場合

  • ロスカットレベル:100%
  • レバレッジ:500倍(証拠金維持率0.2%)
  • 証拠金額:10万円
  • 為替:1ドル=100円

持てるポジションの最大値 = 10万円 × 500倍 = 5,000万円分(50万ドル:5ロット)

海外FX業者の方が20倍以上は多くのポジションを持つことができる
影響その2.負けられる損失許容額が変わってくる

国内FX業者の場合

  • ロスカットレベル:100%
  • レバレッジ:25倍(証拠金維持率4.0%)
  • 証拠金額:10万円
  • 為替:1ドル=100円
  • 保有ポジション:1万通貨「買い」

損失許容額 = 10万円 - ( 1万通貨 × 4.0% ) = 6万円(94円になったらロスカット)

海外FX業者の場合

  • ロスカットレベル:100%
  • レバレッジ:500倍(証拠金維持率0.2%)
  • 証拠金額:10万円
  • 為替:1ドル=100円
  • 保有ポジション:1万通貨「買い」

損失許容額 = 10万円 - ( 1万通貨 × 0.2% ) = 9万8,000円(90.2円になったらロスカット)

海外FX業者の方がロスカットされるまでの猶予が長い

レバレッジ規制の違いが、このようなトレードの違いを生んでいるのです。

潤沢な資金がある投資家で、トレードに使う資金は、その数十分の1というのであれば、レバレッジが低くても関係ありませんが・・・

  • 投資資金をできるだけ最大限使ってトレードをする投資家
  • 投資資金が少ない投資家
  • 大きなポジションをもって、予想が当たった時のハイリターンを求めたい投資家

にとっては、国内FX業者のレバレッジ設定では、物足りないのが事実なのです。

そのため、多くの投資家が「海外FX」に目を付けて、海外FX口座を開設してトレードしているのが現状です。

また、レバレッジ規制以外にも、海外FX業者にしかない投資家にうれしい特典があります。

レバレッジ規制以外で海外FX業者を選ぶ理由

理由その1.追証がない

追証(おいしょう)とは

追加証拠金のこと

を言います。

国内FX業者の場合
「一定の証拠金維持率を割り込んだら、追加で証拠金を入れてくれないと強制ロスカットしますよ。」

という基準のことも、「追証」と呼ぶことがあります。

ただ、ロスカットされるだけであれば良いのですが、急激な為替変動の中では、この強制ロスカットが間に合わずに、約定した金額で口座残高がマイナスになることがあります。

この口座残高がマイナスの状態になると、FX業者は投資家に返済を求めるので、これも「追証」と呼ばれるのです。

マイナス残高による追証発生は、投資家の借金(債務)となります。

2015年のスイスフランショックの時には

2015年1月の追証発生金額(ロスカット等未収金)

  • 個人投資家:1,949,647,000円(1167件)
  • 個人投資家一人当たり追証発生額:1,670,649円

と、大きなロスカット未収金(口座残高がマイナスになった金額)が発生しているのです。

一夜にして、個人投資家1,167人が平均約170万円の借金を作ってしまった。ということになります。

海外FX業者の場合

海外FX業者では「ゼロカットサービス」というのが導入されています。

ゼロカットサービスとは

為替変動口座残高がマイナス残高になっても、海外FX業者が損失を補填してくれて、口座残高は、ゼロにリセットしてくれるサービスのこと

を言います。「追証ゼロサービス」「追証なしサービス」ともいわれます。

海外FXの大きなメリットがこの「ゼロカットサービス」なのです。

国内FX業者の場合は

レバレッジが大きければ大きいほど、相場の急変動時に口座残高がマイナスになるリスクが上がる

のです。

だからこその「レバレッジ規制」でもあるのですが

海外FX業者の場合は

  • レバレッジが400倍~500倍と大きい

かつ

  • 万が一、相場急変動しても、口座残高はマイナスにはならない

というメリットがあるのです。

ハイレバレッジだけでもダメですし
追証なしだけでもダメなのですが

海外FX業者は

ハイレバレッジ + 追証ゼロ

だからこそ、リスクをかけても、損失が限定できるトレードができるのです。

この点が投資家に評価されて、多くの投資家が海外FXに参入しているのです。

理由その2.透明性が高い

FXトレードの経験値が貯まってくると「日本国内FX業者がいかに透明性が低く、クローズドなサービス運営をしているのか?」がわかってきます。

どういうことかというと

国内FX業者の取引方法

国内FX業者が採用している取引方法は「店頭取引(OTC取引)」というものですが

「店頭取引(OTC取引)」というのは、競馬でいう「呑み行為」をする形の取引方法です。

「呑み行為」とは

競馬で例えられることが多いのですが、友人に馬券の購入を頼まれたときに

実際には、馬券を買いに行かずに

  • 友人の予想が外れたら、馬券代を自分のものにする
  • 友人の予想が当たったら、自腹で払い戻し額を友人に支払う

この行為のことを「呑み行為」と呼びます。

「あなたが米ドル/円で買いをエントリーした場合に、実際に米ドルをFX業者が買っていると思っていませんでしょうか?」

実は、国内FX業者は注文があっても、実際に通貨の売買を注文通りには行わないのです。

トレーダーの注文を「呑む」のです。

実際に投資家の注文を呑むので

トレーダーの損失額 = 国内FX業者の利益

ということになるのです。

「これがどうして問題なのか?」というと

トレーダーが負ければ負けるほど、国内FX業者は儲かる

つまり「利益相反の関係」になっているのです。

そのため、国内FX業者は、わざとトレーダーに負けさせるように、独自の取引プラットフォームを採用して

  • レートずらし
  • ストップ狩り
  • 故意のスリッページ
  • 故意のシステムダウン
    ・・

と裏技のオンパレードがブラックボックスの中で行われているのです。

国内FX業者は、利益を出す上級者の投資家が欲しいのではなく、負けやすい初心者の投資家が欲しいため、中級者、上級者向けのサービスは強化せずに、初心者向けのサービスを強化するのです。

これに嫌気がさした中級者以上のFXトレーダーが海外FXに軸足を移しているのです。

海外FX業者の取引方法

一方、海外FX業者が採用している取引方法は「NDD取引(ノン・ディーリング・デスク)」です。

NDD取引(ノン・ディーリング・デスク)とは?
ディーリング・デスクとは、「仲介者」のことを意味します。ノン・ディーリング・デスクの取引というのは、仲介者不在の取引のこと

を言います。

海外FX業者は、投資家の注文をそのままインターバンク市場へ流して、売買を実際に行います。

海外FX業者の収益は、注文を流すことで得る「スプレッド」「取引手数料」の一部です。

つまり、

投資家の注文量が大きくなれなるほど、海外FX業者の利益は増える

仕組みになっているのです。

投資家が注文を増やしてくれるのは、儲かってからです。

海外FX業者は、投資家に儲けてもらう必要があるので、投資家に対して稼ぐためのツール、稼ぐための情報、稼ぐためのサポートを行います。

パートナー関係が構築できるのです。

  • 国内FX業者:投資家が負けてくれると収益が増える → 利益相反関係
  • 海外FX業者:投資家が儲けてトレード量が増えると収益が増える → パートナー関係

ですから、

儲けやすいツール、サービス、情報、サポートが期待できるのは「海外FX業者」なのです。

ボーナス

海外FX業者は、トレーダーの取引量が増えれば増えるほど、利益が増えるため、トレーダーに儲けてもらうことを第一に考えます。

そのために「ボーナス」や「トレードコンテスト」といったキャンペーンを日常的に開催しているのです。

ボーナスとは

自分が入金した金額(リアルマネー)に加えて、証拠金として使える資金(ボーナス)をもらえるサービスのこと

を言います。

ボーナスには

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • 損失補填ボーナス
  • 利息ボーナス
  • ポイント・キャッシュバック

などがあります。

ボーナスには、出金できるかどうかにも違いがあり

  • 証拠金としてのみ使えて、利益のみ出金ができるもの
  • 証拠金として使えて、利益と条件クリアでボーナス自体が出金できるもの

という違いがあるのです。

ボーナスを活用すれば、証拠金が増えるので、当然儲けやすくなるのです。

トレードコンテストとは

一定期間中に自己資金を何倍に増やせたか?で競うトレードのコンテストです。

過去最大のコンテストで優勝賞金は約1億円というものもありました。

トレードコンテストは、実際に出金ができる賞金であり、かなり高額な賞金を出す海外FX業者も増えてきたので、通常のトレードとは別のお金がもらえるメリットがあります。

まとめ

海外FXとは

海外・外国に会社があるFX業者でトレードすること

を言います。

なぜ、海外FX業者が人気があるかと言うと

  • レバレッジ規制が適用されない。ハイレバレッジでトレードができる
  • 追証がない。入金した資金以上の損失は発生しない
  • 透明性が高い。投資家に儲けてもらうことが第一のパートナー関係
  • ボーナス・トレードコンテストがある

などが挙げられます。

国内FX業者は

  • レバレッジが25倍に制限される
  • 追証があり、入金した資金以上に損失が発生し、借金を負う可能性がある
  • 透明性が低い。投資家に負けてもらうことが第一の利益相反関係
  • ボーナス・トレードコンテストはない

のですから、多くの投資家が稼ぎやすい海外FXに興味を持つのも、当然なのです。

国内FX業者にも、海外FX業者にも、メリットデメリットがあるので、十分に比較検討した上で、海外FXを試してみることをおすすめします。

Pocket