追証の実態を暴け!国内FX業者と海外FX業者のスイスフランショックでの追証対応比較

追証(おいしょう)とは、急な相場変動があった時に証拠金がFX業者の指定した一定の割合を割り込むと追加で証拠金を入れなければ強制的にロスカットされるという制度のことを言い、追加で証拠金を請求することを追証と言います。 国内FX業者は、この追証制度があるのですが、海外FX業者のほとんどは追証はゼロに設定しているのです。では、2015年1月に起きたスイスフランショックでの追証に対する国内FX業者と海外FX業者の対応を比較しました。

スイスフランショックとは

スイスの中央銀行「スイス国立銀行」が行ってきた無制限の為替介入を2015年1月15日に突如撤廃しました。1ユーロ=1.2スイスフランに設定していた対ユーロ上限を撤廃したのです。元々、為替介入がなければ、フラン高になることはわかりきっていたことで、結果として、一時1ユーロ=0.8517フランの過去最高値をつけ、ユーロ/スイス相場は一時41%の急落、1分足でも1600pips急落する事態が発生したのです。

出典:zai

追証(おいしょう)とは

追証とは

「追加保証金」の略称です。追加で証拠金を差し入れなければならない状態で発生します。

を言います。

FXトレードは、外国為替証拠金取引ですから、レバレッジを前提としたトレードになります。取引をするときに一定の証拠金(証拠金維持率)を維持することをFX業者を義務付けて、その証拠金維持率を割り込むと自動的に強制ロスカットされる仕組みになっています。

しかし、為替変動があまりにも急激に起こってしまうと、FX業者が強制ロスカットをしようとしても、「スイスフランショック」のように「買い手」や「売り手」がいない状態ですので、ロスカットしたくても、できないのです。

結果として、ロスカットが遅れてしまう分、投資家の口座残高がマイナスという状態になってしまうのです。

この状態は、追加で証拠金を差し入れないとFX業者が損をしてしまうため、

「追加で証拠金を差し入れなければならない状態、投資家がFX業者から追加での証拠金の支払いを請求される状態 = 追証」

となるのです。

FX業者も、この状態を避けるために「ロスカットレベル(証拠金維持率)」の前に、「追証(追証を要求するアラート:マージンコール)」を設定するようにしています。

例:FXネオ取引

追証:100%を割り込んだとき
ロスカット:50%を割り込んだとき

出典:FXネオ

国内FX業者のスイスフランショックでの追証(おいしょう)の実態

国内FX業者の場合、どの業者でも「追証(おいしょう)」という制度を採用しています。

そのため、投資家のFX口座が強制ロスカットが間に合わずにマイナス残高になってしまった場合に、証拠金を超えたマイナス分については債務(借金)扱いになるのです。証券会社との話し合いによって返済に関する相談をすることになります。当然、返済をしなければ財産の差し押さえ等の法的な手段に出られても文句は言えないのです。

ザイFXの記事にあるFXブロガーの話

「トラリピのような取引をユーロ/スイスフランでやっていました。スイスショック直前の1月12日(月)にもSNBが1.20フランの防衛ライン維持を明言したばかりでしたし、強制ロスカットとなっても93万円ほどの資金が残るだろうと計算していました 計算上だと強制ロスカットとなるのは1.14フランあたり。ところが、実際にロスカットされたのは1.04348フラン。30万通貨ほど持っていたため、合計673万円の損失になりました。口座残高がゼロになるだけでなく、317万円の『借金』が残りました」

出典:ZAI FX

急な相場変動時には、強制ロスカットさえままならないのです。1000pips以上離れて約定した方が多いというのは、投資家の最大のリスクともいえるのです。

ロスカット未収金は33.8億円

金融先物取引業協会が公表した数字では、国内のFX取引業者でロスカット未収金が33億8800万円に及んだとのことです。

スイスフランショックのロスカット未収金
  • 個人顧客:19億4800万円(1,137件)
  • 法人顧客:14億4000万円(92件)

となっています。

個人顧客1人あたりの追証額 = 19億4800万円 / 1,137人 = 1,713,280円

つまり、1000人以上の個人投資家は証拠金がマイナス残高になり、平均して170万円の借金を負い、国内FX業者から「追証」を請求されることを意味しています。

ロスカット未収金というのは、国内FX業者が強制ロスカットで口座残高がマイナスになってしまった合計ですので、証拠金を多めに持っていてマイナス残高にはならなかったものの損失を出した個人投資家もかなりの数いることが推察されます。

マネックスグループでは、スイスフランの急騰に伴い、外国為替証拠金(FX)取引を手がける顧客が被った損失に対する未回収金が2015年1月16日時点で約1億6000万円になったと発表しています。 国内FX業者1社でも1億6000万円以上のマイナス残高の顧客が発生していることになるのです。

当然、この1億6000万円は「FX業者の債権」であり、「投資家の借金」ということを意味しているのです。

国内FX業者の追証は投資家にとっての大きなリスク

レバレッジをかけてトレードをする以上一定以上のリスクを負うのはあたりまえですが、問題なのは強制ロスカットというルールがあるにも関わらず、1000pipsも離れて約定して「足りない分は請求しますよ。」という国内FXの「追証」「ロスカット」の制度なのです。

国内FX業者を使う場合には追証(おいしょう)によって、「証拠金以上に大きな損失(借金)を抱えるリスクがある」ことを理解しておく必要があるのです。

スイスフランショック以降の個人の追証発生額と追証発生件数

2015年1月:スイスフランショック

発生金額:1,949,647,000円
発生件数:1167件

2015年8月:中国人民元切り下げ

発生金額:829,113,000円
発生件数:4830件

2016年6月:ブレグジット(英国のEU脱退)

発生金額:193,553,000円
発生件数:2149件

2016年10月:米国大統領選挙選

発生金額:13,842,000円
発生件数:269件

2021年3月:新型コロナの拡大

発生金額:145,057,000円
発生件数:1617件

年月 発生件数
個人
発生件数
法人
発生件数
合計
発生金額
個人
発生金額
法人
2011年 12416件 0件 12416件 1,729,086,000円 0円
2012年 0件 0件 0件 0円 0円
2013年 0件 0件 0件 0円 0円
2014年 2件 0件 2件 11,000円 0円
2015年 6786件 562件 7348件 2,907,457,000円 170,044,000円
2016年 4545件 372件 4917件 459,180,000円 64,775,000円
2017年 253件 31件 284件 25,991,000円 15,057,000円
2018年 1806件 16件 1822件 70,871,601円 438,000円
2019年 6391件 210件 6601件 809,179,000円 13,523,900円
2021年 1617件 38件 1655件 145,057,000円 4,490,000円
毎年のように大規模な追証が発生し、1,000人を超える個人投資家に「追証 = 借金」が発生しているのが現状です。

海外FX業者の対応は、どうだったのか?

海外FX業者も、「追証」を採用している業者は少なくありません。英国、米国、欧州などにある海外FX業者は「追証」を採用しています。

投資家に多くの「追証」が発生したけれども、投資家が借金を払い切れずに、海外FX業者が損失を被り、倒産してしまうケースもあるのです。

  • 英国アルパリ(UK) Limitedは経営破綻
  • 英国アルパリ(UK) Limitedは、追証」を採用しています。顧客が追証を入れることができず、損失をカバーできなかったことにより、その損失がアルパリ(UK) Limitedに引き継がれてしまい、1月16日(金)でアルパリ(UK) Limitedが破綻する事態になりました。

経営破綻はしなくても、大きな損失を海外FX業者

  • IG index 3000万ポンド(約55億2000万円)
  • 米FXCM 2億2500万ドル(約267億7500万円)
  • サクソバンクグループ 1.07億米ドル(約127億3300万円)

英国アルパリ(UK) Limitedという海外FX業者の大手企業でも、倒産してしまう大きな事件だったのです。

元々、スイスフランは日本の投資家には馴染みの薄い通貨なので、海外FX業者の方が損失額が大きいのです。

当サイトで、紹介している海外FX業者の多くは「追証ゼロ」サービスを導入している海外FX業者です。

追証ゼロとは?

相場の急変動によって、投資家の口座残高がマイナスになったとしても、マイナス分に関して追加証拠金「追証」を請求しないという制度のこと

を言います。「追証なし」「追証ゼロ」「ゼロカットシステム」など色々な名称で言われることが多い「口座がマイナス口座になった場合には、その損失分はFX業者が被りますよ。」という制度です。

投資家にとっては、マイナス残高になった損失分はFX業者が被ってくれるため、リスクを証拠金に限定でき、安心してFXができるのです。

実際に「追証ゼロサービス」を採用している海外FX業者の対応

FxPro

=====================

FxPro 重要なお知らせ – お客様とのお約束に何ら変更はございません。

弊社運用口座をご利用のお客様に対してマイナス残高の保護を提供させて頂いておりますが、今回のスイスフランを取り巻くマーケットにおいて発生しておりました、個人投資家における口座のマイナス残高表示は、全て手動にてゼロバランスへ調整作業を進めさせて頂きました。 現在、全ての作業が完了しておりますのでご確認をお願い致します。

=====================

XM(エックスエム)

=====================

重要なお知らせ: CHFに関する最新情報 大切なお客様、 スイス国立銀行がEUR/CHFの上限撤廃の決定したことよって引き起こされた最近の市場での非常に大きな値動きによって、XMはスイス国立銀行による大混乱の影響は受けての暴落の影響は受けていないことをお客様に保証致します。

XMは常にマイナス残高の自動的な保護を提供していることをお客様に再度ご案内申し上げます。 当社は、この度のEURCHF通貨ペアの異例な値動き等の混乱時には、特にお客様に対する当社の忠誠心の現れとして、こちらのマイナス残高の自動的な保護を継続していく所存です。 先週中にマイナス口座残高が発生した全てのお客様は、当社の評判と強みへのお約束を果たす為に、マイナス残高が起こりうる他のケース同様に、それらのマイナス残高は既にリセットされています。

=====================

どちらの海外FX業者も、マイナス残高になった場合に口座はリセットされ、ゼロになるということを、実際のスイスフランショックの時も、示しているのです。

当サイトで紹介しているほかの海外FX業者も、ほとんどが「追証ゼロ」サービスを採用しているので、どの海外FX業者を利用しても、証拠金以上の損失を被るリスクはなく、どんなに負けても、証拠金の範囲内に損失は限定できるのです。

追証なしの海外FX業者はリスクを限定してFXが可能

「追証はなくても、海外FX業者が倒産してしまったら、資金が返金されないリスクが海外FX業者にはあるのでは?」

その通りです。

しかし、信託保全を導入している海外FX業者、投資家保護基金などに加盟している海外FX業者であれば、海外FX業者でも一定額までの信託保全ができるので、倒産したとしても顧客資金は保全されます。(分別管理のみの海外FX業者の場合は倒産時に返還されない可能性があります。)

信託保全がある海外FX業者を選んでいれば、証拠金以上に損失を出す、借金をする、リスクがないのが海外FX業者のメリットなのです。

まとめ

追証があることで国内FX業者でトレードをしていると今回のスイスフランショックのようにわけもわからず数百万円単位の借金を背負ってしまうリスクがあるのです。 このリスクを回避したいのであれば追証がない海外FX業者をおすすめします。

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です